ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
マスクメイク NGメイク リップ アイメイク

マスクしてても油断厳禁!マスクを外した時にブス見えしちゃう「NGメイク」3選

美容ライターの遠藤幸子です。長引くマスク生活でマスクを着用したままのメイクに慣れてきた頃ではないでしょうか。しかし、良かれと思って続けているマスクメイクが実は残念だった…ということがあります。今回は、マスクを外した時に変に見えるNGメイクをご紹介します。

目次

【NGマスクメイク①】リップがマスクで擦れて乱れている

もっとも引かれてしまうNGメイクは、リップがマスクで擦れてしまい乱れてしまっているメイクです。少しずつマスクの中で乱れてしまうため自分では気が付きにくい傾向にあります。注意しましょう。

【NGメイクを防ぐためのポイント①】摩擦に強い密着力の高いリップを使う

ティントなどの摩擦に強く密着力の高いリップを使うと、リップの乱れをあらかじめ防ぐことができます。

【NGメイクを防ぐためのポイント②】コーティング作用のあるアイテムを重ねる

いつものリップを落ちにくくするコーティング作用があるアイテムを重ねると、マスクによるリップの乱れを防ぐことができます。

【NGメイクを防ぐためのポイント③】塗り方を工夫する

塗り方を工夫することでもリップのモチをよくすることができます。

リップを塗ったら唇の上下を軽く擦り合わせます。

その後軽くティッシュで押さえます。

発色が弱いと感じたら、この工程を繰り返しましょう。

【NGマスクメイク②】全体のバランスが悪い

マスクに色移りしやすいからとチークやリップは淡い色のものを使ったり、そもそも塗らない人が多いかもしれません。にもかかわらず目元も淡い色を使ってしまうと全体がぼやけた印象に見え、バランスが悪くなってしまいます。

逆に目元だけ白マスクに映えるように色鮮やかでもマスクを外した時にチークやリップが薄すぎて全体のバランスが悪くなるのは同様です。

【NGメイクを防ぐためのポイント】チークはリップとアイメイクの繋ぎであることを意識する

チークはリップとアイメイクを繋ぐ大事なポイントです。そのため色や濃さは両者のバランスをとって中間ぐらいを目安に調整しましょう。

【NGマスクメイク③】顔と首の色が違って目立つ

自粛生活をしているうちに気がつけば肌の色が以前より白くなっていたという経験がありませんか?とはいえ、「新しいファンデを買う気になれない。」「色選びが難しい。」といった声もあることでしょう。

しかし、そのまま以前のファンデを使っていると、マスクを外した時に白くなった首と差が出て悪目立ちすることになります。

【NGメイクを防ぐためのポイント①】シェーディングをフェイスラインに入れる

新しいファンデを買わずにできるだけ自然に仕上げたい場合には、シェーディングの出番。フェイスラインに大きめのブラシでサッと塗ればグラデーションのようになり、顔と首の色をうまく繋ぐことができます。

ただし、シェーディングの色選びも重要です。普段より2段階くらい暗い色のファンデを使い、入れたのがわからないくらいにしましょう。

【NGメイクを防ぐためのポイント②】ファンデは混ぜて使う

リキッド同士、クリーム同士と同じジャンルで明るめのファンデなどを用意し、混ぜ合わせて明るさを調整するのもおすすめです。

ただし、混ぜ合わせるのに相性が悪いとダマになってしまう可能性があるため、新しく購入する場合は事前にサンプルなどで混ぜ合わせた相性を確認することが大切です。

いかがでしたでしょうか。今回は、マスクを外した時に変に見えてしまうNGメイクをご紹介しました。当てはまるものがあれば見直し、マスクが手放せない時でも素敵なメイクを楽しんでください。

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録