アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉メイク 垢抜け眉 眉の描き方 OKメイク NGメイク 立体眉

のっぺり眉はNG!立体感が垢抜けのカギ♡プロが教える「今っぽ立体眉」の作り方

/

こんにちは、ヘアメイクの森田玲子です。マスクメイクが浸透している今、眉メイクの重要性は周知の事実。眉メイクさえ上手にいけば、垢抜け美人に見えます。眉メイクはシルエットにこだわりがちですが、同じくらい「立体感」も大切だって知っていましたか?今回は、立体眉メイクが完成するメイク方法をご紹介します。

目次

ヘアメイクが伝授!垢抜け顔の必須条件「立体眉」の描き方の全て

①ペンシルアイブロウで、アンダーラインに奥行きを出す

メイクで立体感を出したいときは、「影」を入れる位置がカギとなってきます。

眉メイクで「影」を付けたいのは、眉毛の生え際となるアンダーライン。ここをキッチリ縁取ることで、毛先側の毛流れが強調されます。

おすすめは、キャンメイク/パーフェクトエアリーアイブロウ(全3色)。

影を入れたいからといって、線をクッキリ出しすぎるのはイマドキ眉にはNG。こちらはふんわりした線が描きやすいのでおすすめです。

さらに、ペンシルのお尻の方を持つようにすると、力を加えずに優しいラインを描くことができます。

②アイブロウパウダーで眉下にローライトを入れる

アイブロウパウダーで毛の足りない部分を埋めたら、眉下にローライトを入れていきます。

影を入れたいのは、眉頭下~黒目の上にかけて。肌色よりやや暗めのパウダーを使い、眉の形に添わせるようにしながら、影を入れていきます。

色を乗せた後は、指先でサッとなでて、肌になじませて。

鼻根の脇に向かって指を入れると、骨格にフィットした影が完成します。

眉毛にもローライトを入れることで、立体感が生まれるだけでなく、まぶたとの境界線がハッキリして、目元の存在感がアップ。

ローライト=骨格をハッキリ見せるものなので、フェイスラインや鼻筋だけでなく、眉下にも取り入れてみて。

③アイブロウマスカラで眉をコーティング

仕上げは眉マスカラを使って、眉毛の毛流れを上向きにコーティング。

眉マスカラには、眉毛の色を染めるだけでなく、毛にツヤを出し立体的に見せる役割があります。黒髪の人も、透明マスカラを使用すると、立体感が増すのでぜひお試しを。

こんな眉はNG!NOT立体感眉メイク

最後に、のっぺりした顔に見えてしまうNG眉メイクをご紹介します。自分の眉に近いと思ったらご注意を!

上下がクッキリ縁取られた太眉

一見キレイな眉に見えるけど、今のトレンドにはそぐわない眉メイク。

上下の眉を縁取りすぎると、力強く見えて抜け感なし。のっぺりとした印象に見えてしまいます。ぼかしを加えて、濃いところと淡いところのメリハリを出して。

全てが曖昧なぼやけ眉

元の眉毛がしっかり生えている人に多いのが、眉毛のラインがあやふやになったぼやけ眉。

ナチュラルな眉毛にしたいからと、全てをぼかしてしまうと、立体感が生まれません。眉下のラインを揃えるようなイメージで眉を描くと、奥行き感が生まれます。

立体眉をマスターして垢抜け顔を目指そう!

今回は、グッと垢抜けて見える、眉毛に立体感を出す方法をご紹介していきました。

簡単なテクニックなのに、写真写りやマスクメイクの見え方が良くなるので、ぜひ明日からのメイクに取り入れてみてくださいね。

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

森田玲子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録