ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

トースターで簡単に焼ける!スパイシーなタンドリーチキン

カレー粉とヨーグルトやスパイスに漬けこんで焼くだけでお家でタンドリーチキンができるので我が家ではよく作ります。今回はトースターで焼くとお手軽に出来て便利なのでご紹介させて頂きます。ジューシーで香ばしくスパイスの効いたタンドリーチキンお勧めです。漬け込む時間も3時間と通常より短めなのも魅力です。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約10分(漬け込む時間を除く)

このレシピを試すのにかかる金額

  • 330円

このレシピのポイント

① タンドリーチキンって鶏肉の塊1つを漬け込んで焼き、カットする場合が多いのですが今回トースターを使って焼きますので、3cmの大きさにカットして漬け込みます。カットすることで漬け込む時間も短く出来て、味がしっかり馴染んでくれます。

② トースターは便利な道具ですが、なかなか表面だけ焦げて中まで火が通らなかったり、ムラに成ったりするので私はあまり使うことがすくなかったのです。こちらのタンドリーチキンは意外に焦げないので、タイムをセットしておくと焼き上がりまで焦げ付かずとても便利です。反対に少し焦げ目が欲しい時は上に砂糖を少し乗せると焦げ目がつきますよ♪

③ カットサイズは何度か試作したのですがあまり小さくカットすると、上にいい色が付くまで焼くので、中まで火が通りすぎて少し身が硬くなります。なので3cmサイズが中は柔らか表面は香ばしく焼けてベストのサイズでした!

タンドリーチキンの作り方

材料

鶏もも肉 500g
☆ヨーグルト無糖 100g
☆ケチャップ 30g
☆カレー粉 大さじ1
☆レッドペパー 小さじ1
☆塩・ニンニク・生姜・蜂蜜 各小さじ1
★塩 小さじ1/3

作り方

① 鶏肉は3cmサイズにカットして★の塩を揉みこんで下味をつける。

② ☆を保存袋に入れしっかり混ぜ合わせ①を入れ冷蔵庫の中で3時間寝かす。

③ トースターで20分焼く。(家庭のトースターだと2回分です)

少し焦げ目が欲しい時は砂糖を少しパラりとかけるといいですよ!甘みも旨みになります。蜂蜜も入っていますので♪

ワックスペーパーに並べピックなど刺しても食べやすいです。持ち寄り、お家カフェにも便利です。

中味を割ってみるととってもジューシーで柔らか。香ばしく焼けた表面はカリッとしています。既にカットしてあるのでお皿に並べるだけです。

白いご飯にも合いますが今回は市販のバターロールを用意して中にマーガリンを塗りレタス、トマトをサンドしています。底にマヨネーズを少し塗っています。

この上にタンドリーチキンを2つサンドすれば、あっと言う間にタンドリーチキンミニロールの出来上がりです。

フレッシュトマトとジューシーでスパイシーなタンドリーチキンととても合います。

レッドペパーは辛み成分なので辛さを調整出来ます。もっと辛さが欲しい方は量を増やし、反対に辛さを控えたい方は半分量で使ってください。

意外に簡単に作れるタンドリーチキンはいろいろなシーンでも大活躍。お弁当のメインにも使えます。覚えておくと損は無いタンドリーチキン是非お試しくださいね。


【あなたにおすすめの記事】
■カロリー1/4で罪悪感なし!ダイエットマヨドレッシング
■旬到来!新玉葱をおいしく食べる“超”シンプルレシピ
■フライパンひとつで完成♪おしゃれなカフェ風ワンプレート
■フライパンでできちゃう!こんがり美味しいホットサンド
■ごはんが進む、ジューシーなグリルチキンの温サラダ


執筆者:桃咲マルク

更新日:2018年3月23日


45

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録