ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
美人見えするアイメイク イラスト

360℃全方位モテ♡愛され美人見えアイメイク2選

こんにちはRicottaです。今回は女性にも男性にも人気の美人見えするアイメイクをご紹介します!

目次

愛されブラウンメイク

まずはブラウンを中心とした美人メイク。

どんな人にもウケの良いブラウンメイク。正面から見た時だけでなく、瞬きする時や伏し目になった時が美人メイクのポイント!

① ベースに明るいオレンジブラウンをのせる。

明るめのカラーをベースに仕込むことでマスクをしても顔色が明るく見えます。また目元のくすみを飛ばすこともできますよ。

② さらに暗いブラウンを目尻と下目尻にのせて目元を引き締める。

少し濃いめのブラウンをのせることで立体感と引き締め効果が。目を閉じて、綺麗にグラデーションになってるかの確認も大切。また、指で色をのせるよりもブラシの方が綺麗に色が交わって品がある目元に。

③ 立体感を出せるように黒目の上にのみラメを。

ラメを全体につけてしまうと幼い印象に。黒目の上だけにつけることで自然と立体的なアイになるとともに、瞬きのたびに煌めく美人アイに。

④ まつ毛は太さよりも長さを出して知的に。

まつ毛はロングタイプを使用して。目を閉じた時も長さが出て、知的な印象に!

⑤ アイラインは目の延長線に書くことで伏し目も綺麗に。

アイラインを引く際は、半目にして描きます。また、目を閉じた時に目尻の延長線にラインがあるのがポイント。目を閉じてみたり、開けてみたり、半目にしてみたりといろんな角度からラインを確認するのがとても大切!

瞬きするたびにキラリと光り、目を閉じても上品なアイこそ美人の近道!

愛されピンクメイク

お次はピンクを味方につけた目が離せない美人メイク。

ピンクを使う際はなるべくマットなものを選ぶことと、くすみカラーを選ぶことが大切。明るいピンクや青みのあるピンクは腫れぼったさに繋がるので、くすんだピンクやサーモンピンクなど肌になじみやすいピンクをまず選んでくださいね。

① ベースにくすみピンクをブラシでふわっと。

美人の秘訣はやっぱりアイシャドウがいかに肌に溶け込んでいるか。ブラシを使ってふわっとのせることで、自然と目元にアイシャドウがなじんでテクニックがあるように見えますよ。

② 腫れぼったくならないように、先程より濃いピンクは二重幅にのみ広げる。下目尻の三角ゾーンも忘れずに。

ピンクは腫れぼったさと隣り合わせ。二重幅にのみにのせてみて。また、下目尻の三角ゾーンにいれるとデカ目効果がありますよ。

③ ラインはピンクブラウンで大人の色気とメイクに統一感を。

ラインはピンクみのあるブラウンを選んで。目の延長線にすっと伸ばして上品な目元に。アイシャドウと同系色のアイライナーを使うことで、簡単に目元に統一感が出ますよ!

④ 下まつげの際をラメで埋めてさりげないツヤを。

ここが最大のポイント!煌めきのあるラメシャドウを、下まつげの際にオン。細めのチップにのせたら、点置きするようにチョンチョンとのせていくとまるで下まぶたの粘膜が広がったかのようになり、一気にデカ目効果!

そして下まつげの際にラメを置くことで黒目にも光が反射して入りやすくなり、キラッとしたメイクになるのもポイント。これは絶対にためしていただきたい美人メイクの秘訣。

あえてマット目なピンクをベースに仕込むことで幼さを払拭し、知的な美人に。ピンクを味方につけて一層目元美人になれるので、ぜひともお試しくださいね。


/

この記事の著者

Ricotta

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録