ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク OKメイク NGメイク

マスクメイクのブス見え原因は「顔が暗い」こと!プロが教えるくすみを招く3つのNGメイク

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。「朝のメイクでは透明感があったのに、マスクをするとなんだか暗い」定番の白マスクをつけると、そんな現象に悩む方が少なくないのではないでしょうか。今回はマスクで肌がくすんで見えるNGメイクと改善方法についてお伝えします。

目次

定番の白マスクはくすみ顔に見えやすい

マスクの王道カラーといえば白。真っ白のマスクは顔を明るく見せてくれるかと思いきや、暗くくすんだ印象を与えてしまいがちです。

肌なじみのよいベージュのマスクと比べてみましょう。白マスクよりも明るく血色良く見えて、顔映りの違いがわかりやすいかと思います。

白マスクはどんなシーンでも使いやすくて便利ですが、メイクによっては顔色や肌色が暗く見えてしまいやすいです。

明るくいきいきとした表情を演出できるように、メイクで血色感とツヤを与えましょう。

NG1:「顔全体が暗い」ピンクを仕込んで顔色チェンジ

白マスクをつけると、顔全体が暗く見えたり、クマが目立ったりしやすい方が多いのではないでしょうか。

マスクなしならいつものベースメイクで満足できても、白マスクの日は不満を感じてしまうかもしれません。

明るい表情に仕上げるためには、ファンデーションを塗る前に、顔全体に血色を仕込んでおくとよいでしょう。

血色アップにおすすめのアイテムは、ピンクのコントロールカラー。ファンデーションの前に塗っておくことで、顔色もクマもカモフラージュされます。

ここで使ったのは、江原道の「メイクアップ カラーベース」(SPF25・PA++ 税込4,400円)。ラベンダーピンクは健康的で明るい肌を演出してくれる色です。

NG2:「なんだか冴えない…」アイシャドウはソフトなレッドブラウンで

マスクから見える目元は、なりたい印象を伝える重要なパーツ。とはいえ、カラーメイクは日常的に取り入れにくく、無難なブラウンで済ませたいところです。

一口にブラウンといっても、さまざまな色みが。イエローブラウン系だとクールな印象になり、あまり元気そうに見えません。

同じブラウンでも、レッド系だとあたたかみが加わります。ソフトな配色のレッドブラウン系ならシーンを問わず使いやすく、やわらかな表情に仕上がるでしょう。

ヴィセの「グロッシー リッチ アイズ N」RD‐6(税込1,320円)は、深みとやわらかさをあわせもつ絶妙なブラウンレッド。適度な目力を与えつつ、やさしげな表情へと導きます。

NG3:「パサついて見える」マスクより上にスティックチークを直塗り

マスクをしていると顔の露出部分が少ないため、血色だけでなくツヤも感じにくくなります。

普段どおりにパウダーチークを入れていても目立ちにくかったり、物足りなさを感じたりしやすいでしょう。

パウダーチークを入れた状態だと、血色は加わりますがツヤは少なく、元気がなさそうに感じられます。

こちらは、スティックタイプのチークを塗った状態です。

スティックタイプはパウダータイプよりもしっとりとしたツヤ感を与えることができ、フレッシュな印象に仕上がります。マスクをつけてから見える位置に直塗りすると、マスクで隠れることなく色ツヤが感じられるでしょう。

「フジコ チョークチーク」(税込1,540円)は、 3色まとめて塗れる便利なアイテム。直塗りしたあとぼかすだけで、肌に溶け込むような自然なツヤと血色がプラスされます。

白マスクでも顔色よくいきいきと見せるコツは、血色とツヤを効果的に盛り込むことです。メイクで工夫して取り入れてみてくださいね。


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録