ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク デカ目

今っぽデカ目はアーモンド型が新しい♡縦横ななめに広がった「ナチュラルデカ目メイク」のコツ

こんにちはhuis(ゆい)です。デカ目メイクと言えば、縦や横を意識したメイクですよね。でも今、そのデカ目メイクは進化を遂げ、縦や横のみならず、「斜め」へ広げる意識もとっても大事になってきているんです!今回はぜひ取り入れていただきたい、新しいナチュラルなデカ目メイクをご紹介していきます。

目次

キーポイントはアーモンドアイ

みなさんは『アーモンドアイ』という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

美人に多い目として注目をされている、アーモンド型の目の形のことを言います。縦幅がふっくらしており、横はシュッとした印象です。

切れ長よりも目の縦幅があり、目がクリッとした印象的な目元です。

この『アーモンドアイ』、もともとアーモンドアイではない方も、アイシャドウやアイライナーの塗り方でアーモンドアイに近づくことができるんです!

アイシャドウの塗り方

アイシャドウは斜め上に向かって塗り広げると立体感がUP!目が大きく見えるだけでなく、無理なく美人な印象に近づけるなんて嬉しいですよね♡

まずは締め色とされる濃いブラウンを目尻に斜めに置きます。

次に左右にボカしていきます。

次に淡いベージュ系のカラーを黒目の上にのせ、左右にボカします。

こうすることで、目頭が薄く目尻に向かって濃くなる自然なグラデーションとなり、斜め上までアイシャドウが広がって陰影ができるので、目が大きく見えますよ♡

アイシャドウを塗る範囲

アイシャドウを塗る際に気をつけたいのが、塗る範囲です。

あまりオーバーに塗ってしまうと不自然になってしまうので、眼球の窪みをはみ出さないように塗っていきましょう。

アーモンド型を意識して塗るのがポイントです。

二重の方は二重幅より少し広めに、奥二重や一重の方は目を開いている状態で、色が見えるくらいの範囲まで塗り広げましょう。

縦と横も強調させる

アイシャドウを斜め上まで塗り広げてアーモンドアイのベースを作ったら、次は縦幅や横幅も拡張していきます。

アイライナーは目の形に沿って、黒目の終わりから目尻に向かって流します。

あまり角度を付けずに流し、アーモンドアイを意識して、目頭と目尻を繋ぐ延長線上にアイラインが来るように引くのがポイントです。

最後にまつげをしっかりと根本から立ち上げて縦幅を出せば完成です♡

Before/After

いかがでしたか?斜め上を意識してメイクしたAfterは目が大きく見えますよね♡

みなさまも最新のデカ目メイク、ぜひ試してみてくださいね!

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

huis

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録