ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
マイナス5歳に見える眉メイク

眉メイクでマイナス5歳見え♡見た目年齢が変わる!プロが教える「若見え眉メイク」

ある一定の年齢を迎えると、「あれ、なんか変わった…」と誰しもが年齢による変化を感じるもの。けれど、その“一定の年齢”には個人差があり、同世代でも若見えする人がいるのも事実。時間は誰しもが平等なはずなのに、なぜ「若く見える人」と「大人っぽく見える人」に分かれてしまうのでしょうか。今回は、長年実年齢よりも上に見られ続けてきた筆者が、若見えするようになった眉メイクのポイントをご紹介していきます。

目次

圧倒的に若見えする!眉メイクの描き方

そもそも、実年齢よりも若く見える人と、大人っぽく見える人の差は何でしょうか。

その理由は、顔立ちの形に違いがあるのです。顔つきに曲線が多く、丸みのあるシルエットを持っている人ほど幼い印象に見えます。反対に直線が多くすっきりした顔立ちの人ほど、大人っぽい印象に。

この効果を利用して、若見えする眉メイクの描き方を見ていきましょう。

STEP1 柔らかいブラシで色付けをする

今回の若見え眉メイクでは、2種類のブラシを使い分けます。

まずは、アイシャドウに使うような柔らかめの眉幅サイズのブラシ。このブラシで眉全体にアイブロウパウダーをのせていきます。

毛をかき分けるようにしながらジグザグと左右に動かし、地肌に色がのるようにブラシを密着させます。

眉尻と眉頭には、ほんのり色が付く程度でOK。太さは、目の縦幅の半分くらいがベストです。

髪色よりもやや明るめのパウダーを使うと、より柔らかい印象に。

STEP2 硬めの小さなブラシでシルエットを整える

硬めの小さなブラシにアイブロウパウダーを取り、眉の形を整えます。

ここでも、若見え効果をアップさせるため、丸みと曲線を意識して。眉山から眉尻が三日月型になるように、シルエットを整えていきます。

年齢とともに眉毛は薄くなり、それと同時に顔全体のたるみによって、1つ1つのパーツがぼやけて見えるようになります。

それを解消するために、眉の形をきちんと整え、締まりのある顔立ちを目指します。

STEP3 リキッドアイブロウで毛を描く

リキッドアイブロウで、眉尻や毛が生えていない隙間を埋めながら、形を微調整していきます。1本1本眉毛と同じ太さの毛を足して、自然な印象に仕上げましょう。

若見えする形のポイントは4つ。

1つ目は、先述したように眉山の形を丸く仕上げること。2つ目は、眉頭を淡く仕上げること。3つ目は、眉山の位置を黒目の外側辺りに配置し、短めの眉毛に仕上げることです。

4つ目は、眉尻の長さを短めにすること。

眉毛は、人の意思を表すパーツです。ハッキリしとした長めの眉毛は、しっかり者=大人っぽい印象を与えます。

今回は若々しく見せたいので、眉尻を短めに描き、眉毛を主張しすぎないのもポイントです。

STEP5 眉マスカラをして完成

最後に、眉マスカラを塗り、眉の色を統一させます。

毛が長い人は、毛を寝かせるようにとかしながら色付けすると、曲線的な眉毛の形が強調されます。

眉毛次第で、こんなにも印象が変わることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

ナチュラルなメイクのままでも、眉メイクの形をマスターするだけで、-5歳若見えするのも夢ではないかも?!ぜひ、トライしてみてくださいね。

「#眉メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

森田玲子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録