ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉メイク 眉の描き方

眉難民さんは絶対読んで!不器用さんでも失敗しない「垢抜け眉」の作り方2選

眉毛は顔の印象を決める重要なパーツ。しかも、眉毛の描き方でその時代がわかるくらい、「旬」が現れます。今回は不器用さんでも失敗しない、今っぽい「垢抜け眉」の作り方をご紹介します。

目次

①今っぽいふんわり平行眉の作り方

今のトレンドは、太過ぎず細過ぎず、ふんわりした平行眉。そんな平行眉をナチュラルに描く方法をご紹介します。

アイブロウパウダーを使ってブラシでふんわり眉毛の隙間を埋めていきます。

ふんわりさせるコツは、肌に擦り付けないようにブラシで眉の毛にアイブロウパウダーをのせるように描くことです。

この時、アイシャドウにカラーのニュアンスが入っている場合は、アイシャドウの色味も眉に入れるとよりアイメイクとなじみます。

角度がついている眉を平行に見せるコツは、まず眉尻から描き始め、眉頭の角度と眉尻の角度でできる凹んだ箇所に、アイブロウペンシルで毛を描くように描き足すことです。

このように上下の凹みにアプローチすることで、無理に真っ直ぐ修正することなく平行に見せることができます。

②今っぽい毛流れを感じられる「ナチュぼさ眉」の作り方

外国人のような毛流れを感じられる艶っぽい眉は、ナチュラルなメイクにも外国人っぽいメイクにもしっくりくる描き方です。

ポイントは眉の毛流れに立体感を出すことです。

眉尻まで毛流れを出すのは難しいので、眉尻はいつものようにアイブロウパウダーかアイブロウペンシルで形を描きます。

次に眉頭の毛流れを整えるために、透明マスカラを使います。失敗しにくいのはコームタイプになっているブラシのものを使うことです。

今回は色でわかりやすくするために、カラーのマスカラを使って毛流れを整えました。

眉頭は額の方向に毛を流しながら、マスカラで艶と毛流れを整えます。次は、毛流れを眉尻の方向に向かって自然な角度がつくように流していきます。

こうすることで眉の毛の方向が際立ち、マスカラの艶も加わってぼさ眉なのに垢抜けて見えます。

ぼさ眉にしたいけれど、眉毛が薄い、という方は繊維入りのマスカラを使うのも一つの手です。今回は今旬な2種類の垢抜け眉の描き方をご紹介しました。

ふんわりセミマットな肌作りが好きな方はふんわり平行眉。艶っぽいナチュラルな肌作りが好きな方には、ナチュぼさ眉。自分のなりたいイメージに合わせて挑戦してみてください。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録