ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
奥二重 アイメイク

悩める奥二重さん向け!「奥二重さんの基本のアイメイク法」

マスク生活が続く中、アイメイクに時間をかける人が増えたのではないでしょうか。そこでいま一度、基本のアイメイク方法をおさらいしてみませんか?今回は奥二重さんの基本のアイメイク方法をご紹介します!おすすめコスメもお見逃しなく!

目次

奥二重さんのやりがちNGアイメイクとは?

奥二重さんがやりがちなNGアイメイクは以下の3点です。

・大雑把に塗って目がはれぼったく見えるアイシャドウ

・抜け感がなくて目がきつく見えるアイライン

・まぶたのふくらみで下がりやすいまつ毛メイク

これらのアイメイクの失敗をふまえて、奥二重さんの基本のアイメイクをご紹介します!

奥二重さんの基本のアイメイクに使うコスメ

今回使用するコスメは以下の3点です。

画像左から
セレフィット ザベラコレクションミニアイシャドウパレット02
アヴァンセ ジョリエジョリエ リキッドアイライナー アッシュグレー
アピュー ボーントゥービーマッドプルーフ レングス&カールマスカラLV.2 ディープブラック

アイシャドウの正しい塗る範囲を見直そう

なんとなくグラデーションにするだけでは、損をしているかも?

TPOを選ばずにできる、奥二重さんに合ったデカ目になれる塗り方をチェックしましょう。

1.はれぼったくみえないベースカラーを塗る

まぶたを膨張させて見える白すぎるベージュやパール感強めのアイシャドウはNG。

堀が深く見えるグレーがかったアイシャドウをアイホール全体と下まぶたに塗ります。

2.二重幅よりちょっと広めにメインカラーを塗る

奥二重さんはメインカラーが目立ちにくいですよね。

二重幅より少しはみ出すようにメインカラーを塗りましょう。

ここでその日の気分に合わせた色を使うことで、マンネリ化しません。

POINT
塗る範囲を限定すれば、オレンジ系、ピンク系、モーブ系などどんな色でもOK!ベースに塗ったグレーがかったベージュが、どんな色にもマッチします。

3.目尻に暗めのブラウンを塗って横幅を強調する

パレットにある暗めのブラウンを目尻に塗ります。

この時上目尻は黒目のふちから外に向かって、習字の「はらい」のように色を乗せましょう。

目尻のラインに沿って、同じく黒目のふちから斜め横にブラシを動かしてください。

下目尻は上目尻につながるように平行気ぎみに塗ります。

POINT
奥二重さんのアイメイクは目尻が重要!目尻のアイシャドウが目を大きく見せたり、逆に小さく見せたりします。濃すぎると目が小さく見えるので、塗る前にティッシュの上で粉の量を調整してくださいね。

アイシャドウだけでも目が大きく見えませんか?

さみしい印象になりがちな奥二重さんが、華やかで好印象になれるアイシャドウの塗り方です♡

これが正解!アイライナーとマスカラの選び方&使い方

アイラインは二重幅をつぶさずに描ける細さのブラシで、ブラウンもしくはグレーが◎

マスカラはカールキープ力が必須です。目の縦幅を出すために、ロング&セパレートが正解!

アイラインは正面を向いたときに二重幅が見える部分に筆をおき、アイシャドウと同じように斜め下に払うようにラインを引きます。

アイラインが苦手な人はスタンプのように筆先を軽く押し付けるのを繰り返すときれいなラインになります。

マスカラはビューラーで目頭と目尻のまつ毛まで上げて、扇形に広がるように伸ばしましょう。広がるまつ毛をキープできるウォータープルーフ、スマッジプルーフを選んでくださいね。

奥二重さんの涼し気な目元を活かしつつ、華やかさが宿った目元になりました。

奥二重さんの毎日メイクの参考にしていただけると嬉しいです。


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

tomoko

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録