ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク デカ目 目尻

縦だけデカ目メイクはもう古い!今っぽ&効果抜群な「横幅拡張メイクテク」4選

デカ目メイクと言っても様々な方法や効果があります。ここ最近は「横幅がしっかり大きい目」が今っぽ顔に近付くポイント。目の横幅があると、色気のある大人っぽい表情に見えたり、小顔効果も抜群。今回はナチュラルに、目の横幅があるように見える「横幅拡張メイク」をご紹介します。

目次

【テクニック1】下まぶたの目尻に「三角の拡張ライン」

目の横幅拡張に重要なのは「下まぶた」です。

特に、下まぶたの目尻側は重要。写真のように、横に広がる三角形をアイシャドウで描くことで、目尻が伸びているように見えます。

【テクニック2】目尻にはコンシーラーで「白目拡張」

「テクニック1」のアイシャドウが浮かないためにも、目尻の部分にコンシーラーを塗ります。

ここを明るくすることで、白目が横に広がって見え、「三角の拡張ライン」もより効果的に。

【テクニック3】目尻側の下まつ毛は描く

目尻側の下まつ毛はリキッドアイライナーなどで描くのがおすすめ。実際のまつ毛の生え際から1mm程度あけて描くと、自然に目の横幅を広げることができます。

まつ毛の角度は下向きではなく、横(顔の外側)に向かって、「テクニック1」の三角拡張ラインと平行気味に描くと、より目の横幅が拡張されます。

【テクニック4】アイラインは三角拡張ラインと平行に

最後に、重要な上まぶたのアイラインの角度。

こちらも下まつげ同様、「テクニック1」の三角ラインと平行になるように描くとグッと横幅が広がります。

下まぶたのメイクを意識するだけでこんなに印象が変わる

横幅拡張メイクは上まぶたのアイシャドウを工夫するテクニックもあるのですが、ナチュラルメイクが主流の今は上まぶたよりも下まぶたのメイク変える方が自然に仕上がります。

目尻をアイシャドウやアイライナーで埋めてしまうと「目の幅はここまで」と逆に目立たせてしまうので、目尻を埋めないことがポイントです。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録