アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
収納 画像

散らかるのはその収納法がダメなのかも!片付けの敵"面倒くさい"を感じさせる「NG収納」3選

/

整理収納コンサルタントの須藤昌子です。片づけたいと思ったとき、収納グッズを手に入れることから始めたくなってしまいますが、実は「面倒くさい」と感じる収納法が片付けを阻んでいることは多いのです。使ったモノを元の場所に戻そうと思った時、「あとで」と思うことはありませんか?それはもしかしかしたら、「面倒」と思っているからかもしれません。今回は、「面倒くさい」と感じてしまう3つの収納をご紹介します。もし、自分のお部屋にこの収納法があったなら、変えるだけでお部屋は整っていくかもしれませんよ。

目次

1. 入れ子状態の収納

モノを取り出したいのに、扉を開けて、中にある箱を取り出して、ふたを開けてほしいものを取り出す。

入れ子のように、箱を1つ開けて、また更に別の箱を開けて、ほしいものを取り出す。

欲しいものを手に入れるまでにやることがとても多いと思いませんか?この面倒な作業のために、取り出して使ったモノは、元の場所へは戻らない可能性があります。

2.かゆいところに手が届かない収納

使いたいモノが、使いたい場所にない収納ほど、面倒に感じることはありません。例えば、歯磨きをしようと、洗面所に行ったのに、歯ブラシが無いとか、歯ブラシはあるけれど、歯磨き粉は、リビングにある、なんて状態。面倒だと思いませんか?

使うモノを使う場所に置くことで、やろうと思う行動が、スムーズにできますし、使ったモノをしまうのも、簡単ですよね。でも、意外と、その「当たり前」と感じることに気付かないことも多いのです。

散らかりが気になったら、「使うモノが使う場所に置いてあるかな?」と考えてみると、簡単に整ったお部屋作りができます。

3.道具が必要な収納

「高い収納場所には、あまり使わないものを収納しましょう」よく聞きますよね。

でも、高い収納場所へしまったモノはまったく使わないモノではないので、いつか使う時が来るのです。その時に、脚立を持ってきて高い棚に手を伸ばし、欲しいものを下ろして…とするのは大変な作業ですよね。

この作業、使った後も同じようにしなければならないと考えたら面倒に感じませんか?

あまり使わないから、高い収納場所へというのも1つ大切な考えではありますが、脚立を使うなど道具を使って欲しいモノを取り出すという“ひと手間”は使った後、使ったモノが元に戻らず散らかりにつながりかねませんので、注意が必要です。

いかがでしたか?人はモノを使う時は、「使いたい」という気持ちから、多少の手間も惜しまず行動ができるのですが、使った後は多少だったはずの手間は大きなハードルとなり、元の場所へは戻らず出しっぱなしになってしまうのです。

「面倒くさい」と思う気持ちは、片付けの大敵です。できるだけ、シンプルな収納法にすることが整ったお部屋作りにつながっていますよ。

「#収納術」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■あなたの「収納法」間違ってるかも?!整理コンサルタントが教える「目から鱗の整理術」
■整理収納コンサルタントが教える!ズボラな私がラクするために減らしたモノ4選
■整理収納コンサルタント愛用!クローゼットが劇的に使いやすくなる「便利グッズ」3選



この記事の著者

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録