テクニック不要で超簡単♡“絶対に失敗したくない日”に使える垢抜けメイクのやり方

更新日:2021年8月21日 / 公開日:2021年8月21日

こんにちは、huis(ゆい)です。垢抜けたくてついメイクが濃くなってしまったり、流行のナチュラルメイクに挑戦しようと思ったら、メリハリのない、手抜きのようなメイクになってしまったり。メイクって本当に奥深いですよね。そんな今回は、テクニック要らずで簡単に垢抜けるメイクのポイントをご紹介します♡

垢抜けて見えるメイクで1番大切なのはベースメイクの質感

垢抜けて見えるメイクに1番大事なのは、べースメイク。マスクで見えないからと適当に済ませてしまっては勿体無い!

見せる肌感によって、与える印象が変わってくるから、とっても大事な部分ですよ。

私がおすすめする肌感は「みずみずしく艶のある肌」。ハイライトを駆使した派手な艶よりも、ナチュラルな内側から発光しているような肌が理想。

陶器のようなマットな肌も素敵だけれど、マスクをするとぼんやりと暗く、老けた印象に見えがち。毛穴や小ジワも目立ちやすくなるから、テクニックが必要で失敗もしやすいんです。

艶肌メイクなら、アイテム選びさえ間違えなければ大丈夫♡テクニック要らずで、若々しく垢抜けた印象になれちゃいますよ♪

ベースメイクコスメの選び方とおすすめアイテム

まずは下地から。下地は血色感をアップさせてくれるほんのりピンク色がおすすめ♡

艶が出るタイプを選ぶと良いですね。

おすすめはムーンショットのマルチプロテクションティンティッドモイスチャー。

SPF30PA++と日焼け止め効果もあるので、オールシーズン安心の下地です。

次にファンデーション。ファンデーションの種類も沢山ありますが、圧倒的推しはクッションファンデーション。

付属のパフでトントン重ねていくだけで、ムラのない綺麗な仕上がりになりますよ♡

シミやニキビ跡、赤みが気になる方はその部分を重ね付けすればナチュラルにカバーもできるのでおすすめ。

クッションファンデーション自体、艶が出るものが多いので、塗るだけで簡単に艶肌になれちゃうところもポイントです。

おすすめはムーンショットのマイクログロッシーフィットクッション。ガラス玉のような綺麗な艶肌がつくれますよ。

難しい眉メイクはどんな眉でも失敗いらずなアイテムをチョイス

眉は毛の濃さなどで、ピッタリくるアイテムを変えないといけないのも難しい要因のひとつ。

そんなお悩みを解消する、眉が濃い方も薄い方もどちらの方にもおすすめのアイテムがこちらです。

ファシオパウダリーティントアイブロウは、まさにペンシルとパウダーの良いとこどりで、どんな眉の方にもおすすめできます。

リキッドがパウダーに変わる新感覚のアイブロウアイテムなんです。

ペンシルだけだと描くのが難しかったり、パウダーのみで仕上げるとぼんやりとしがちですが、こちらならペン先が太くて描きやすい&すぐにパウダーに変化することで、ナチュラルに仕上がるのでとってもおすすめです!

またティントタイプで約10時間色がしっかり残るから、眉が薄い方でも色モチが良く、一日中描きたての綺麗さがキープできますよ♡

アイメイクは1つのパレットで全仕上げ

簡単メイクの日は、マット・パール・ラメの3種類がバランスよく入っているパレットを使うと簡単に垢抜けられます♡

塗る場所はこちらです。

・アイホールにパール

・マットをアイラインに

・ラメを涙袋に

この3つのポイント通りに塗るだけ!何色も重ねる必要はありません。

淡く優しいカラーを選べば、目元に抜け感が出て明るい印象になりますよ♡

おすすめアイシャドウはこちらです。

デイジーク シャドウパレッド 07 ミルクラテ

ベージュをベースに柔らかなトーンがそろっています。マット、パール、ラメもバランスよく配色されています。

いかがでしたか?テクニック要らずで簡単だけれど、しっかり垢抜けられるメイクのポイントをご紹介しました。

メイクにお悩みの方はぜひチャレンジしてみてくださいね♡

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録