ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉 自眉 垢抜け

私、眉を変えたら垢抜けました♡劇的に垢抜ける「今っぽ眉メイクのコツ」3選

近頃はマスクメイクがマストとなり、眉メイクは顔の印象を決める上でより重要なポイントになっていますよね。今回は眉メイクを変えて劇的な垢抜けを叶えるためのコツを3つご紹介していきます。

目次

使用アイテム

今回の眉メイクで使用したアイテムです。

【CEZANNE 超細芯アイブロウ】
極細の芯が特徴のアイブロウペンシルで、毛を1本1本足していくように描くことができます。芯が細く余計な部分に付きにくいため初心者の方にも使いやすいアイテムです。

【CEZANNE パウダリーアイブロウ】
濃淡2色のパウダー入りで色味の調整がしやすいアイブロウパウダーです。

【デジャヴュ アイブロウカラー】
小さなブラシで小回りがきくため細かいところまで塗りやすく、ひと塗りでしっかり自眉を染めてくれるアイブロウマスカラです。

今っぽ眉メイクのコツ①

それでは順番に解説していきます。まずはアイブロウペンシルの使い方のコツです。

アイブロウペンシルを使用して眉の輪郭を描きます。

眉の形は太めのアーチ眉を意識し、下側は平行気味に、眉山は緩やかに、眉尻はすっきりシャープになるように描きます。

眉の上側はあまりしっかり描きすぎず自眉を生かすと抜け感のある仕上がりになります。

今っぽ眉メイクのコツ②

続いてはアイブロウパウダーの使い方のコツです。

2色のアイブロウパウダーを使用して眉全体を描いていきます。

眉頭はあえて自眉を生かすことで抜け感を出します。描き足したい部分に淡いパウダーを軽く乗せる程度に留めましょう。

眉の中央から眉尻にかけて濃くなっていくように2色のパウダーでグラデーションを作ります。

グラデーションが難しい場合は眉尻から描き始め、残ったパウダーを眉頭に向かってぼかしていくようにすると自然なグラデーションが作りやすいです。

今っぽ眉メイクのコツ③

最後にご紹介するのはアイブロウマスカラの使い方のコツです。

アイブロウマスカラで仕上げることで眉全体の色の馴染みを良くするだけでなく、立体感や明るさをプラスすることができるためワンランク上の垢抜け眉に仕上がります。

眉頭は自眉を立ち上げるようなイメージで下から上に塗りフサフサ感を出します。

中央から眉尻にかけては毛流れを整えて全体を染めていくようなイメージで地肌につかないように丁寧に塗っていきます。

アイブロウマスカラをしっかり塗りほどよくフサフサした眉に仕上げることで自然な垢抜けが叶います。

完成した眉メイクがこちら

上記の3つのコツを取り入れた眉がこちらです。

ほどよく太さとフサフサ感のある今っぽ眉に仕上がりました。

秋冬のメイクとも相性が良いためこれからの季節におすすめです。ぜひ明日からのメイクに取り入れて劇的な垢抜け眉を手に入れてくださいね。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

kana.s

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録