ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

話題の「30分チキン」を豚肉で!作り置きできる!簡単ローストポーク&アレンジレシピ

ビネガー・発酵料理研究家のいわまあきこです。Twitterで「30分チキン」が話題になりましたが、今回は豚肉を使って、お酢の力で「30分ポーク」にしてみました。ポークのビタミンB1で夏疲れ解消!メインのおかずにも、アレンジできるので作り置きとしても活用できます。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • ローストポーク 約40分(予熱の時間は含まず)
  • お酢ボナーラ 約15分

お酢で夏疲れ解消

今年の夏もまるで亜熱帯にいるようでしたね。暑さから逃れようとついつい冷たい飲み物やアイス、食べやすい麺などばかり食べてしまっていませんでしたか。

これら糖質を摂り過ぎると胃の働きが鈍くなり、体がだるくなったり、食欲不振などの夏疲れを起こしがちです。

夏疲れで乱れた体内サイクルを戻すには、胃を元気にしてビタミン・ミネラルをしっかり摂ることが大切です。

そんな時こそお酢!お酢を摂るとあの酸っぱ~い味と香りで食欲が増進され、胃の働きも活発になり、栄養素を効率的に消化吸収できる状態を作ってくれます。

また、お酢に含まれる酢酸・クエン酸は体に溜まった乳酸の分解を促進することで、疲労回復に効果があると言われているんです。

夏に酸っぱいものサッパリしたものを食べたくなるのは、体がこの効果を求めているからかもしれませんね!

簡単に作れる!ローストポークレシピ

材料(2人分)

豚バラ肉ブロック 200g
塩・胡椒 少々
黒酢 小さじ1
にんにく 1/2個
こめ油またはサラダ油 少量

作り方

① 豚バラ肉ブロックを塊のまま塩・胡椒し、黒酢を揉み込む。にんにくは、薄切りにする。

② フライパンに油を薄く引き、にんにくを軽く炒めたら、豚バラ肉の脂のところを下にして入れ、弱火で30分じっくりと焼く。(ポイントはあまりお肉を触らないこと!)

③ 30分経ったら裏返して中弱火で2分焼く。

④ アルミホイルを2枚重ねた上に②を取り出して乗せ、巻く。火を止めたコンロのそばに置いて予熱を入れていく。そのまま粗熱がとれるまで放置。(約40分程)

⑤ 粗熱が取れたら食べやすい大きさにカットし、お好みでソースをかけて完成。

発酵ソースレシピ

材料

醤油 大さじ1
黒酢 小さじ2
味醂 大さじ1

作り方

発酵ソースは材料を混ぜるだけ。かけても漬けても美味しいです。

アレンジレシピ「お酢ボナーラ」

涼しくなりはじめの秋にピッタリ。お酢の「タンパク質を固める作用」を活用して罪悪感のないレシピに仕上がりました。

材料(1人分)

スパゲッティ 100g
ローストポーク    50g
オリーブ油 大さじ1
にんにくすりおろし 小さじ1/2 
卵 1個

A)豆乳 40ml
A)白ワインビネガー 大さじ1/2
A)塩 小さじ1/2
A)粉チーズ 大さじ1
黒こしょう 適量 (多めが美味しいです)

作り方

① ローストポークは1cm幅に切る。Aと卵を準備しておく。

② たっぷりのお湯に塩(分量外/1Lに対して10g)を 加えてスパゲッティを茹でる。

③ フライパンにオリーブ油を入れて熱し、にんにくと①を入れて中弱火で炒める。

④ Aを入れてかき混ぜ、火を止めコンロから下ろし、②の茹で汁大さじ1と茹で上がったスパゲッティを入れて混ぜ合わせ、卵を入れ手早く絡める。

⑤ 器に盛り、黒こしょうを振る。

お酢の力で食欲増進、是非作ってみてくださいね。

「#豚肉レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

いわまあきこ

ビネガー・発酵料理研究家、発酵食品ソムリエ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録