ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
ベースメイク NGメイク OKメイク

やったらオバ見えまっしぐら!アラフォー女子のシワを悪目立たせる「NGベースメイク」4選

美容ライターの遠藤幸子です。比較的早期に現れるエイジングサインのひとつである「シワ」を、メイクすることで悪目立ちさせてしまうことがあります。今回は、シワを悪目立ちさせるNGベースメイクの例を挙げながら、その解決方法についてもご紹介します。

目次

【シワを目立たせるNGメイク①】シワの溝を放置したままメイクする

シワにも大小あり、その溝の深さもさまざまですが、一般的にシワの溝を放置したままいつものベースメイクをすると、その部分にファンデーションなどが溜まってしまいます。

すると、シワを悪目立ちさせ、メイクすることで老けて見えてしまう可能性があります。

乾燥によるシワなら十分肌を保湿してからメイクしましょう。

それ以外のシワならあらかじめ溝を埋める効果のある下地を仕込むことが大切です。おすすめの商品は、下記の通りです。

m.m.m(ムー) スキンスムーザー PW(税込3,520円)

毛穴や小じわといった肌の凹凸をカモフラージュし、明るくなめらかな陶器肌に整える部分用化粧下地。テカリを抑える効果もあるので、Tゾーンにもおすすめです。

【シワを目立たせるNGメイク②】ファンデーションやパウダーを厚塗りする

シミやクマ、毛穴など隠したい肌のアラは誰にでもあるもの。しかし、それをカバーしようとファンデーションやパウダーを塗り重ねて厚塗りしてしまうと、シワの溝にファンデーションが溜まるなどしてシワを悪目立ちさせることに繋がります。

そのため隠したい肌のアラはコンシーラーや下地などでカバーし、ファンデーションやパウダーは薄く塗ることを基本に、気になる部分には少量加減しながら塗り重ねましょう。

【シワを目立たせるNGメイク③】マットな質感のベースメイク

マットな質感のベースメイクはマスクの際に快適であったり、トレンドになったりして取り入れたくなるかもしれません。

しかし、シワが多い、シワが目立つといった方がマットな質感のベースメイクにすると、ツヤによって光を見方にしてシワをカモフラージュするのとは逆に、シワを悪目立ちさせることにつながります。

そのため完全にマットな質感に仕上げるのではなく、適度なツヤを残したベースメイクを心がけましょう。

【シワを目立たせるNGメイク④】動きのある部分のシワに硬めのコンシーラーを塗る

目元や口元、小鼻の周辺などは特に動きが出やすい部分です。そういった部分の赤みやくすみをカバーしようとコンシーラーを塗る時にも注意が必要です。

テクスチャーが硬めのコンシーラーを塗ると顔の動きによってコンシーラーがひび割れたようになったり、溝に埋まったりしてシワが悪目立ちしてしまう可能性があります。

そのため動きが出やすい部分をカバーする時には、ストレッチ効果が期待できるクリーミーなテクスチャーのコンシーラーを少量なじませることをおすすめします。

おすすめの商品は、下記の通りです。

クラブコスメチックス クラブ エアリータッチ コントロール コンシーラー #ピンクベージュ(税込1,100円)

いかがでしたでしょうか。今回は、シワを悪目立たせるNGベースメイクの例を挙げながら、その解決方法についてもご紹介しました。

当てはまるものがあればこの機会に見直し、ご自分のメイクをより良いものにアップデートしてください。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録