アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

大人気!ユーカリで作るリースとスワッグ

お部屋のインテリアを格上げしてくれるグリーンのリース。自分で作ることができたら、素敵ですよね。最近人気の壁飾り、スワッグにも注目です。ユーカリで作る簡単なリースとスワッグの作り方をご紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

ユーカリは「グニ―」を選ぶとリースにぴったり

おしゃれなグリーンとして人気のユーカリ。コアラの食料から庭木まで、ユーカリにはたくさんの種類があります。

その中でクラフトにおすすめななのは、「グニ―」(グニの場合も)と呼ばれる品種。小さな丸い葉っぱがとても可愛くて、良い香りも魅力です。フラワーアレンジにも良く使われるグリーンで、お花屋さんで買うことができます。

「グニユーカリ」や「ユーカリグニ―」の名前で相談してみて下さい。その時お店に無くても、すぐ取り寄せてもらえるはずです。値段は、枝ぶりや季節によって違うので、目安を聞いてから注文してくださいね。

リースベースにユーカリを挿すだけ

早速、リースにしていきます。市販のリースベースに、ユーカリの葉先を切ったものを挿していきましょう。流れるように一方通行で挿していくのがコツです。元々のユーカリのしなりを生かすとキレイに見えます。

リースベースは枝がささるよう、細かくツルが編まれたものを使います(手芸店やネット通販で購入可能)。直径15センチ程度の小さい輪のほうが、まとめやすくおすすめです。

リースのサイドまでびっしりに挿さなくても大丈夫。ふわりと優しくナチュラルな感じに仕上げます。

最後に、少し飾りをプラスするとグッと雰囲気が良くなります。

写真は、カスミソウのプリザーブドフラワーを少しだけ足して、更に英字新聞を切った紙を巻いています。ドライフラワーやリボン、ペーパーナプキンなど、家にあるもので構いません。

飾り過ぎず、少しだけプラスするのがポイントです。

リースに使ったユーカリが余ったら束ねてスワッグに

ユーカリが余ったら、スワッグにしてみましょう!スワッグは最近人気の壁飾りで、束ねた花や葉を逆さに吊るして楽しむものです。束ねるだけなら、リースよりも簡単ですね。

ユーカリだけのシンプルなスワッグは、あえて小さく作って、ドアノブや収納の取っ手にかけて楽しみます。開けるたび、いい香りに癒されますよ。

素敵なリボンを結べば、センスの良いインテリアになります。

そのままユーカリのリースやスワッグはドライにしても◎

ユーカリの良い所はキレイにドライになるところです。リースもスワッグも、部屋に飾りながら自然に乾かせば、ドライグリーンとして長く楽しむことができます。

作った時の瑞々しさは無くなりますが、それでもアンティーク色に褪せたグレーな葉は、なかなか素敵です。何より、手作りしたリースをずっと飾っておけるのは嬉しいですよね。葉はカサカサとして割れやすくなるので、触る時は注意してください。

大人気のユーカリ、手作りに生かしてみて下さいね。

「#ドライフラワー」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■ダイソーのフェイクフラワーで作る!おしゃれで簡単「スワッグ」
■おうちをプチガーデンに♡春は挿し木にトライ!
■季節を感じる暮らしをしたい!初心者のためのインテリア計画
■グリーンでワンランクアップ♪おしゃれな部屋を作るコツ!
■心和む花のある暮らし ~切り花を飾ろう~


執筆者:鴨下ふみえ

更新日:2018年9月13日


36

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録