アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

柔らかくてほのかに甘い、旬のそら豆で!土鍋でつくる食べごろ豆ごはん!

春から夏にかけては、いろんなお豆が旬を迎えます。今回は、そら豆を使った炊き込みごはんを紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約40分(浸水時間を除く)

このレシピを試すのにかかる金額

  • 約400円

豆の鮮度

近年は、冷凍技術が進化を遂げ、年中そら豆が食べられるようになりましたが、やっぱり初夏のそら豆は、柔らかな口当たりで、ほのかな甘みがあって美味♡

また、そら豆は鮮度が大切なお野菜でもあり、「美味しいのは3日だけ」とも言われています。購入したらなるべくすぐに調理しましょうね!

旬のそら豆で!豆ごはん

作り方は簡単!炊いたごはんに、別茹でしたそら豆を加えて蒸らします。今回は土鍋で炊きましたが、炊飯器で普通に炊いてもOKです!

材料(2合分)

そら豆(鞘付き) 400g
米 2合
出汁昆布 10cm位
水 360ml
酒 大さじ1
塩 小さじ1/2

下準備

お米を研いで、30分水に浸水させた後、ざるに上げて水切りしておく。

作り方

① 土鍋に米を入れその上に出汁昆布を入れて水を注ぎ、酒・塩を加えて中火の火にかけ、8分加熱したら弱火にして、5分加熱する。

② ごはんを炊いてる間に..,そら豆を鞘から取り出す。

③ ②を1分程塩茹でして、薄皮を剥く。

皮を剥く時は、そら豆のに凹んだ部分に空気が入ってるので、そこから剥くと薄皮を破りやすいです!

④ 炊き上がったごはんから出汁昆布を取り出してそら豆を加え、10〜20分蒸らす。

ごはんを蒸らしてる間に、取り出した出汁昆布を使って佃煮にします!

昆布の佃煮

材料

だしを取った後の昆布 1枚(約3倍に膨れます)
胡麻油 小さじ1
◎酒 大さじ1
◎きび糖 小さじ1
◎醤油 小さじ1
◎みりん 小さじ1
白いりごま 小さじ1

作り方

昆布を千切りにして、胡麻油を熱したフライパンに入れてさっと炒め、◎を加えて水分が無くなるまでに詰め、ごまを加える。

ごはんが蒸らし終えたら、茶碗によそいます。

今回は、そら豆ごはんにしましたが、これからの時期に出回る枝豆ごはんもとっても美味しいです♡

旬にしか味わう事の出来ない豆ごはんを是非、味わって下さいね〜。

「#炊き込みご飯」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■美味しい×安い×万能!ヘルシー厚揚げ絶品レシピ3選
■明日からできる!たった15分で完成!平日の晩ごはん3パターン
■材料は2つだけ!お鍋一つで超簡単!糖質オフの中華風鶏肉レシピ
■体がほっこり喜ぶ!「まごわやさしい」ワンプレートごはん
■だしを取ったら終わり…じゃもったいない!もう1品節約レシピ


執筆者:sachi



32

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録