アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
それ、やめたほうが垢抜けます!プロがみた「実録アラフォーNG眉メイク」3選

それ、やめたほうが垢抜けます!プロが見た「実録アラフォーNG眉」3選

/

こんにちは、メイク&コスメライターの古賀令奈です。眉メイクは、少しの違いで垢抜け度が大幅に変わるもの。筆者が街を歩いていると、「ここをこうしたらもっとよくなるのに…」と思ってしまうことも。そこで今回は、アラフォー女子が気をつけたい眉メイクと解決テクを3パターンご紹介します。

目次

パターン1:ペンシルだけで仕上げたぼってり眉

時間がないときや面倒なときは、できるだけ少ないアイテムで手早くメイクしたいもの。しかし、ペンシルだけで仕上げるのは、控えたほうがよいでしょう。

ペンシルの持ち味は、しっかりと色をのせられること。毛の少ない部分に描き足す際に活躍しますが、広範囲に色をふんわりのせたいときには適していません。

そのため、ペンシルだけで眉全体を仕上げると、ぼってりと重たい印象になってしまいます。

解決テク:眉頭と眉中はパウダーで、ペンシルとの一体型が便利

眉尻はペンシルのままでOKなので、眉頭と眉中はパウダーを使ってみてください。パウダーを塗った部分はソフトに色づき、軽やかな印象に仕上がります。

パウダーとペンシルが一体になったアイブロウなら、最小限のアイテムで済ませられるでしょう。

筆者は今回、DAISY DOLL by MARY QUANT「デイジードール ブロウライナー」BR-01(税込1,430円)を使用しました。ペンシル、パウダーだけでなく、スクリューブラシもセットされており、描いた部分をぼかしたいときにも便利です。

パターン2:急に細くなる不自然な眉尻

ふんわり色づくパウダーと線状に描くペンシルでは、質感が異なるもの。同じような感覚で描くと、使用するアイテムによって太さに差が出やすいです。

こちらはパウダーで眉頭と眉中を、ペンシルで眉尻を描いた状態です。このように、眉中と眉尻の境目部分が目立ち、眉尻だけ急に細くなっている方が少なくありません。

解決テク:つなぎ目近くの眉尻はやや太めに描く

眉尻の描き始めは、やや太めを意識してください。そして、先端に向けて次第に細くなるように少しずつ描いていくと、自然な仕上がりが叶います。

より自然な仕上がりを目指すなら、スクリューブラシで軽くぼかすとよいでしょう。

パターン3:地毛が濃くて色が分かりにくいカラー眉

カラー眉がトレンドのため、最近は洗練された配色のアイブロウパレットが多く発売されています。

しかし、眉毛の量が多い方、濃く太い方は、トレンドのカラー眉をしても色の違いが分かりにくいかもしれません。

眉中部分の地毛の色が目立ち、眉尻だけが色づいているケースをよく見かけます。

解決テク:眉中をカットして毛の面積を減らす

おしゃれなアイブロウパレットを楽しむためには、眉中をカットして地毛の面積を減らすのがおすすめです。

眉頭や眉尻は切らなくてOK。眉毛が密集しやすい眉中をスクリューブラシで持ち上げ、眉のラインからはみ出る部分を切る程度で十分です。

眉中のカットによって自眉の存在感が弱まるだけでなく、パウダーが地肌にのりやすくなり、眉メイクが映えるようになります。

使用したのは、セザンヌ「ノーズ&アイブロウパウダー」04 モーヴブラウン(税込638円)。発色がよくトレンド感のある配色で、プチプラと思えない一品です。

眉は少し変えるだけで、見栄えが大きく変わります。慣れたメイクで手早く済ませるのもいいですが、理想のイメージやトレンドに合わせて変化をつけてみてはいかがでしょうか。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録