アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
NGメイク OKメイク ベースメイク アラフォー

やめたほうが垢抜け&若見えします!プロが見た「実録アラフォーNGベースメイク」3選

/

コスメ&メイクライターの古賀令奈です。肌のお悩みが増える40代では、ベースメイクに関するお悩みも複雑に。なんとかしようとメイクにこだわってみても、逆に悩みが目立ってしまったり仕上がりに違和感を覚えたりすることも。そこで今回は、アラフォー世代にありがちなNGベースメイクとそのお直し方法をご紹介します。

目次

パターン1:アラ隠ししすぎて逆効果!重ね塗りでうろこ肌

シミや色ムラを隠そうとして、ファンデーションを重ねすぎていませんか?

物足りないからといって何度も重ねると塗りムラができやすくなり、肌がうろこ状になってしまうことがあります。

ファンデーションの塗りすぎは、かえって肌を汚く見せる一因に。薄く塗ることを意識しましょう。

薄塗りでも美肌に見せるコツは、三角ゾーンにコンシーラーを使うことです。目の下の三角ゾーンがキレイに整っていると、多少のシミや色ムラは気にならなくなります。

細部をカバーするために全体を厚塗りするよりも、三角ゾーンを整えて薄く仕上げたほうが、美しい仕上がりが叶うでしょう。

パターン2:陶器肌のつもりが…笑うとシワがくっきり肌

毛穴や凹凸を感じさせないつるつるの陶器肌。きめ細やかなマット肌が特徴で、憧れる方も多い仕上がりです。

しかし、小ジワや毛穴が気になる場合、陶器肌を目指すことで悩みがより目立ちやすくなる可能性があります。

とくに気をつけたいのが、笑ったときの表情です。真顔ではつるんと整って見えたはずが、笑うと無数のシワが浮き彫りになってしまうことがあります。

マット肌は比較的乾燥しやすく、シワの目立ちにつながりやすいもの。また、完璧な陶器肌を目指して厚塗りになってしまうと、シワがより深く刻まれてしまいます。

陶器肌をつくるときは、パウダーファンデを薄く塗るのがおすすめです。適度なカバー力とマット感を出しやすく、手軽に仕上げることができます。

こちらはパウダーファンデーションをひと塗りした状態です。笑ってもそれほどシワが目立たず、バランスよく仕上げることができました。

パターン3:ツヤを超えてテカテカ?全顔発光肌

若々しい印象を与えるツヤ肌。シワやシミが気になりにくく、大人の肌にぴったりの質感といえます。

ただし、やりすぎにはご注意を。顔全体にツヤが出ていると、テカリに見えてしまいやすく、清潔感を損ねてしまうことがあります。

こちらはクッションファンデーションを塗り、ノーパウダーで仕上げた状態です。顔全体がまるで発光しているようですが、額や鼻はテカっているように感じられるかもしれません。

清潔感を高めるためにも、フェイスパウダーを薄く重ねることをおすすめします。ツヤ感は残しつつも、ふんわりヴェールをまとったような質感になります。

頬にツヤをプラスしたいときは、部分的にハイライトを重ねてみてください。清潔感をキープしたまま立体感を演出できます。

肌の印象はベースメイクで大きく変わるもの。ツヤもマットもやりすぎると逆効果になりやすいため、適度なバランスを意識して垢抜けた表情に仕上げたいですね。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録