アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
今すぐやめて!ついやりがちなスキンケアのNG習慣6つ

美容ライターがズバッと指摘します!今すぐやめたい「ついやりがちなスキンケアのNG習慣」6選

/

美容ライターの遠藤幸子です。なんとなく続けているスキンケアの習慣が、実はお悩みの原因となってしまうことがあります。今回は、ついやりがちなスキンケアのNG習慣とそれを解決するための方法についてご紹介します。

目次

【スキンケアのNG習慣1】常に朝は洗顔料を使用しない

洗顔をすべきか、しないべきかという論争がよく繰り広げられるところですが、常に朝は洗顔料を使用しないのはNG習慣と言えます。

なぜなら人は寝ている間にも皮脂を分泌しており、それは水やぬるま湯では落とすことができないからです。

肌に残ってしまった皮脂は、ニキビや毛穴の詰まりなどの肌トラブルをまねく可能性があるほか、酸化してくすみを引き起こしてしまうことも。そのため筆者は基本的に朝の洗顔料の使用をおすすめしていますが、必ずしもその限りではありません。

たとえば、真冬にひどく肌の乾燥が気になる場合にはぬるま湯洗顔や拭き取り化粧水、クレンジングウォーターでの拭き取りが適していることも。洗顔するかしないかのどちらかに決めてしまうのではなく、その日の肌状態に応じて柔軟に対応することが大切です。

【スキンケアのNG習慣2】洗顔後はタオルを上下に動かしながら拭く

洗顔後水気を取るのにタオルをどのように使っていますか?タオルを顔にあて、それを上下に動かしながら拭くクセがある人は、摩擦を与えてしまう可能性があります。そのためすぐにやめましょう。

タオルは肌触りの良いものを使い、優しく顔に押しあてて水気をタオルに吸わせるようなイメージで拭くことが大切です。肌が敏感なときなどは、あらかじめ濡らして絞ったタオルを使うとタオルの素材に刺激を感じるリスクを下げることができます。

【スキンケアのNG習慣3】化粧水は顔を叩きながら塗る

温泉などでよく見かける光景ですが、化粧水を塗る際に顔を叩きながら塗る人がいます。これは肌に刺激を与える可能性があるためやめましょう。

スキンケアアイテムを塗った後になじませる目的でも顔を叩くのではなく、優しく手のひらで覆うようにしましょう。肌に手で触れる際は、赤ちゃんの肌に触れるようにそっと優しく触れることを習慣にしましょう。

【スキンケアのNG習慣4】顔が濡れた状態で次のアイテムを塗る

忙しい朝は少しでも早く身支度を終えようとして、スキンケアアイテムも素早く重ねたくなります。しかし、顔が濡れた状態で次のアイテムを重ねるのはNGです。なぜなら、そのアイテムに含まれる美容成分がしっかりと肌になじまない可能性があるからです。

スキンケアアイテムはしっかりと肌になじむのを見届けてから、次に使うアイテムを重ねるなど丁寧なケアを心がけましょう。

【スキンケアのNG習慣5】曇りの日や室内で過ごす日は日焼け止めを塗らない

曇りの日や室内で過ごす日は日焼け止めを塗らないという人がいますが、コレはNG習慣です。

なぜなら、紫外線は天候にかかわらず、常に降り注いでいるからです。室内で過ごす時でも窓から紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めは年間を通して使うことが大切です。

【スキンケアのNG習慣6】クレンジングしながら念入りにマッサージする

クレンジングをしながらマッサージすると、時間をかけずに美肌になれそうな気がするかもしれません。しかし、クレンジングしながらマッサージするということは、クレンジングをそれだけ肌にのせておく時間が生じるということ。それが肌に負担をかける可能性があります。クレンジングは手早く行い、マッサージは別の機会に行うことをおすすめします。

いかがでしたでしょうか。今回は、ついやりがちなスキンケアのNG習慣とそれを解決するための方法についてご紹介しました。あてはまるものがあればこの機会にぜひ見直し、正しいスキンケア習慣を身につけて美肌を育みましょう。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録