アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
NG眉 OK眉

やってる人、かなり多いです!メイクアドバイザーが見かけた「実録NG眉メイク」3選

/

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。眉は顔の印象に大きな影響を与える重要なパーツですが、メイクに悩まれている方も多いです。眉メイクは少し気をつけるだけで、グッと良くなるので、まずは自身の眉メイクにNGポイントがないかを確認してみましょう。NG眉メイク3選と、その改善テクニックをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
若く見せたいなら今すぐやめて!老け見えを加速するメイク&若見えメイクのコツ

目次

【NGメイク1】眉頭くっきり不機嫌眉

眉頭はついくっきり描いてしまいがちな箇所です。眉頭がくっきりしていると目にグッと力を入れているように見えるので、不機嫌そうな印象を与えてしまいます。

マスクをしていると、より強調されてしまうので、注意したいポイントです。

【NGメイク2】形は完璧でものっぺり眉

眉の形はキレイに描けているのに、眉に濃淡が付いていないため、張り付けたようなのっぺり眉になっている方が意外と多いです。

形をキレイに描くことに囚われすぎて、アイブロウペンシルでアウトラインを描いてから、中を塗りつぶすようにしている方に多く見られます。形はキレイに描けているので、もったいないケースです。

【NGメイク3】眉尻が下がりすぎな老け眉

正面から見たときに、眉尻が眉頭よりも下がってしまっているケースです。眉尻をキレイに描くことに集中してしまい、全体のバランスを見ることを忘れてしまうと起こりがちです。

眉尻が下がると目元がたるんで見えるため、老けた印象になります。

NGメイクの改善テク

アイブロウパウダーは眉の中心から左右に広げ、ブラシに残ったパウダーで眉頭を仕上げましょう。

パウダーで眉毛の間を埋めたら、毛の足りないところに1本ずつ毛を描くように、アイブロウペンシルで描き足していきます。

眉尻を描くときには、全体のバランスを見ながら、眉尻が眉頭よりも下がらないように注意しましょう。一気に描こうとすると難しいので、少しずつ描いていくのが失敗しないコツです。

また、小さな手鏡でメイクしていると、つい一か所に集中してしまい、濃くなりすぎたり、バランスが悪くなったりと失敗の原因になるので、顔全体が見える大きさの鏡を使うようにしましょう。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

伊早坂美裕

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録