アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

材料5つ!初心者さんでも失敗なし♪基本の丸パン&アレンジレシピ

家にある材料で気軽にパンを作ってみませんか?パン作りというとちょっと難しそうなイメージがありますが実はとっても簡単♪今回は捏ねて丸めて焼くだけで出来るアレンジ自在のシンプルな丸パンレシピをご紹介します。手軽に出来るアレンジレシピもご紹介しますので、ぜひ作ってみてくださいね!

目次

これだけ覚えればOK!パン作りの基本行程

パン作りにはいろんな方法がありますが、基本的な工程は全部同じです。

まず、粉をこねて生地がまとまったら発酵させます。これを「一次発酵」といいます。

生地は約2倍の大きさに膨らむので、台に取り出し優しく押して中の空気を抜きます。

生地を好みのサイズに分割して、軽く丸めなおし15分室温に置きます。これが「ベンチタイム」です。

次に、再度生地を優しく押して空気抜きし丸めなおします。

生地をオーブンの天板にのせ再度発酵させます。これが「二次発酵」です。

生地が2倍の大きさになったら、後はオーブンで焼くだけで完成です。

作業の順番さえ押さえれば、お家でも簡単に美味しいパンを作ることが出来ますよ!

基本の丸パンレシピ

材料(6個分)

・強力粉 150g
・砂糖 小匙2
・塩 小匙1/2
・ドライイースト 小匙1
・オリーブオイル 大匙1(または無塩バター10g)
・水 90cc

作り方

① 大きめのボウルに強力粉、砂糖、塩の順に入れ、砂糖の上にドライイーストをのせる。

② 水をイーストの上に加え、手でひと固まりになるまでこねる。ある程度まとまってきたらオリーブオイル(または無塩バター)を加えさらに捏ねる。

③ 強力粉を振った台に生地を取り出し、手のひらで押し伸ばすようにして約10分程ツヤが出るまでこねる。

④ 生地にツヤが出たら、丸い団子状にしてボウルに戻しラップをふんわりかけ、暖かい場所で約60分発酵させる(一次発酵)。

⑤ 生地が2倍の大きさになったら一次発酵が終了。生地をスケッパーを使って強力粉を振った台に取り出す。

⑥ 生地を手のひらで押しながら平らの円盤状にしてスケッパーで6等分の放射状に分割する。

⑦ 生地を軽く丸め直しふんわりラップを掛け15分室温で休ませる(ベンチタイム)。

⑧ めん棒で空気を押し出すように生地を伸ばし再度丸めなおす。

⑨ 生地をオーブンシートを敷いた天板の上に間隔を置いてのせ、再度約40分、生地が2倍の大きさになるまで発酵させる(二次発酵)。

⑩ 茶こしで生地に強力粉(分量外)を振り、200度に予熱したオーブンで約17分、こんがりキツネ色になるまで焼く。

基本の丸パンの完成です。

パリッとしたクラストの中はふわふわ~♡

シンプルなパンなので、そのまま食べるのはもちろんいろんなアレンジをするのも楽しいですよ♪

材料も特別な物は使ってないので、気軽に作る事ができるのも魅力ですよね。

丸パンのおすすめアレンジ3選

そのまま食べても美味しい丸パンですが、アレンジすることでいろんな味を楽しむことができます。

マリトッツオ風

こちらはマリトッツオ風の丸パンです。

パンを半分にカットしてたっぷりの生クリームを挟みました。

ラップで1つずつ包んで冷蔵庫に入れておくと、生地が少ししっとりとなり、まるでスイーツのような美味しさを味わうことができます♡

あんバタ―

定番のあんバターパンは濃厚な甘さと塩っ気のあるバターが絶妙の美味しさ♡

あんこは袋や缶詰で販売してあるので、角切りバターと一緒に挟むとあっという間にお店みたいな一品を頂く事ができます!

サンドイッチ

スクランブルエッグとレタスを挟みケチャップをしぼると、サンドイッチ風丸パンが完成です!

アイスコーヒーを添えると、朝食やランチにもピッタリのボリューム系プレートになりますよ♡

今回は、パン作り初心者の方も手軽に試して頂ける基本の丸パンのレシピをご紹介しました。

ちょっと難しそうなパン作りも、手順を押さえておけば単純な作業で作る事ができるので、ぜひお試しくださいね!

「#パン」の記事をもっと見る



/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

うさぎママ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録