アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
2022年夏の眉×アイメイクの正解バランスはコレ!今っぽ眉×アイメイクのやり方

2022年夏の眉×アイメイクの正解バランス♡今っぽ眉×アイメイクのやり方

/

季節に合わせてファッションを変えるように、メイクも季節ごとに変えていくと垢抜け度がアップします。今回は、2022年夏にぴったりの今っぽ眉メイクとアイメイクの方法をご紹介します。

目次

《眉メイク編》

今回ご紹介するメイクではこちらの3点のアイブロウアイテムを使用しました。

それでは眉メイクの手順を解説していきます。

夏らしさのある眉に仕上げるためには、程良いラフさを残しながら明るめのトーンに仕上げるのがポイントです。

まずは【KANEBO アイブロウシェイドペンシル EP1】を使用して眉山と眉尻の形を描きます。

先にアイブロウペンシルで大まかな輪郭を描いておくことで、アイブロウパウダーで眉全体を描く際のガイドラインになります。

続いては【media パウダーアイブロウa DB-1】を使用して眉全体に色を乗せます。

ブラシにパウダーを取って手の甲などで量を調節してから、眉の薄い部分を埋めるようなイメージで眉尻から眉頭に向かって乗せていきます。

眉頭は自眉を生かして薄めに描くことで、ラフさの残る眉を作ることができます。

仕上げに【デジャヴュ アイブロウカラー ナチュラルブラウン】を使用して毛流れと色味を整えます。

眉全体にマスカラが付くように、ザクザク動かしながら全体に塗っていきます。

全体に色が付いたら、マスカラブラシで自眉を立ち上げるように毛流れを整えましょう。

マスカラが乾く前に手早く行うのがポイントです。

《アイメイク編》

次にアイメイクの手順を解説していきます。

アイシャドウは【CLIO プロアイパレットミニ 101 タンドブラウン】を使用しました。

今回は左中央のハイライトカラーと右中央のオレンジレッド系のカラーと右上のラメカラーを使用して、夏らしいヘルシーな印象の抜け感メイクに仕上げていきます。

あえてアイメイクをシンプルに仕上げて程良くラフさを残すことで、眉メイクとのバランスが良くなります。

まずは左中央の明るいカラーを大きめのアイシャドウブラシや指などに取り、アイホールより少し広い範囲にふんわり入れて目元のくすみ等を飛ばします。

次に右中央のメインカラーをアイホールより少し狭い範囲に薄く塗り広げます。

その後、目のキワから上に向かってぼかすように狭い範囲にもう一度重ね塗りすると、ナチュラルなワントーングラデーションになります。

同じカラーを下まぶたにもサッと入れると統一感を出すことができます。

仕上げに右上のラメカラーを上まぶたの中央あたりに優しくポンポンと乗せます。

オレンジ系のラメカラーを使用することで、夏らしいヘルシーな濡れツヤ感をプラスします。

《完成したメイクがこちら》

眉&アイメイクの完成です。

ラフで夏らしさのあるメイクに仕上がりました。

毎日のメイクに取り入れて、2022年っぽさのある夏の眉&目元を手に入れてくださいね。

※記事内で使用したカラーコンタクトレンズはレヴィアのメルティベアです。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

kana.s

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録