アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
ほどよく盛るのが逆に新鮮♡2022年の今っぽデカ目メイク

ほどよく盛るのが逆に新鮮♡2022年の今っぽデカ目メイクのやり方

/

ナチュラメイクが主流の今でも、やっぱりデカ目は永遠の憧れ。デカ目に見えるけど、濃くはなく、それでいて垢抜けるという「やらなきゃ損!」のメイクをご紹介します。初心者さんでも簡単にできるテクニックばかりですよ♪

目次

【POINT1】目頭シャドウ

今っぽメイクに欠かせないのが「目頭シャドウ」。

丸で囲った部分を赤系のシャドウで埋めることで、目の粘膜を拡張して見せることができます。

とても小さな変化ですが、やるとやらないでは目の印象が大きく変わります。

目元に特徴のある芸能人の方は皆さんここの粘膜がはっきり見えているので、メイクで印象的な目元を手に入れましょう!

【POINT2】アイシャドウは2色でOK

デカ目にしようと思うと、つい多色パレットでグラデーションを作ってしまいがちですが、トレンドは2色のグラデーションです。

ハイライトカラーはアイホール全体に、メインカラーはまつ毛の際から二重幅+1mmくらいの広さに塗りましょう。

この塗る範囲を気をつけるだけで、ナチュラルデカ目メイクができます。

アイシャドウやアイラインはシンプルにして、【POINT1】のような裏技をたくさん組み込んでいくのがポイントです。

【POINT3】ラメを黒目よりも内側に

ラメのポイント使いで、目元に明るさと立体感をプラスします。

ここでのポイントは、ラメを置く位置。目の中央(黒目)の上、もしくはそれよりも少し内側に置くことで、顔が引き締まって見えます。

とくに、目が離れ気味の方は黒目よりも内側にラメを置くことで、離れ目が緩和されます。(逆に目と目の間隔が近い方は黒目の真上に置くのがオススメです)

使用カラコン/LARME シリコンハイドロゲル[クリスタルベージュ]



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録