アンチエイジングな食事法★意識して食事することで若さをキープ!

私たちの体を作っているのは毎日の食事。普段何気なく口にしている食品が、体を老化させていたとしたら…?実は、食事にだって老化を促進しちゃうものと、若さをキープしてくれるものがあるんです!!毎日の食事をちょっと意識するだけで若さがキープできるなんて、素敵ですよね!

この記事のポイント

  • コンビニランチ派の人はドレッシングなどにも気を使って
  • 自炊派の人は「まごわやさしい」を意識
  • 糖化を気にするならやはり「運動」

ランチがコンビニ弁当派の人は要注意

michill読者のみなさま、こんにちは。美容家・(社)国際セルフエステアカデミー代表理事 出口アヤです。今回は、アンチエイジングな食事法をお届けいたします。

手軽に買える、コンビニ弁当。ついつい手を伸ばしがちになりますが、「毎日ランチはコンビニ弁当」という人は、要注意かもしれません。

コンビニ弁当を、日のあたるところに放置していても、腐りにくいって知っていますか?賞味期限が長く、腐りにくいのは、保存料や化学調味料などの添加物が、たっぷり含まれている証拠。それを毎日摂り続けると、肥満や健康被害の原因になりかねません。健康のために、サラダを買っているという人も、少なくないでしょう。カット野菜もお弁当同様、食品添加物を多く含むことに、変りありません。

それに、ドレッシングのラベルをよく見てみると、糖分・脂肪分が高いものや、人工甘味料、着色料などの添加物の名称がズラリ!時間がない時以外は、丸ごとの野菜を切ってタッパーに詰めて持っていき、ドレッシングもなるべくお手製のものにするとよいでしょう。エキストラバージンオリーブオイルや亜麻仁油などの良質なオイルに、塩こしょう・レモンだけでも、充分に美味しいですよ!

ランチが自炊弁当派の人は「まごわやさしい」を意識して

自炊派の人は、毎日の献立作りに、「まごわやさしい」を意識してみてください。

「ま=まめ」「ご=ごま」「わ=わかめ(海草類)」「や=野菜」「さ=さかな(魚介類)」「し=しいたけ(きのこ類)」「い=いも類」

「まごわやさしい」とは、1日1回は摂取したい7つの食材の頭文字をつなげたもの。この頭文字を意識して献立作りをすれば、食生活の改善方法が分からないというお悩みが、あっという間に解決します。バランスの良い食生活は、体のコンディションを整えるのみならず、肌の美しさを引き立たせ、若さをキープしてくれますよ。

「食べる順番ダイエット」でアンチエイジング

気軽にできることで人気となった、「食べる順番ダイエット」。食べ物の順番を意識することで、カロリーや糖質量の吸収量を変えることができると言うものです。食べる順番といっても、いたってシンプルで簡単!

お金がかかるわけではないですし、いつからでも始めることができますよ。やり方は、食事の際に食べる順番を次のように変えるだけ!

<食べる順番>
1.味噌汁などの汁物
2.野菜などの副菜:食物繊維
3.肉、魚、卵などの主菜:たんぱく質
4.ご飯、パン、麺などの主食:炭水化物

実はこの食べる順番、ダイエットだけではなく、若さを保つためにもとても大切。ではなぜ、この食べる順番が、若さを保つためにも必要なのでしょうか?

血糖値のコントロールが若さの鍵!

ご飯やパンなどの炭水化物は三大栄養素の1つで、私たち人間の体には欠かせない栄養素です。炭水化物の中の糖質は体に入るとブドウ糖(=血糖)などに分解され(この値を血糖値という)、血糖値を上昇させます。(ちなみに、血糖値を直接上げるのは糖質だけ。)

血糖値が上がると体がそれを感知して、インスリンを分泌し始めます。インスリンは、体のエネルギー源となる糖を、筋肉や肝臓に運ぶ役割をしてくれます。ですが、取りすぎた糖分は貯蔵しきれなくなります。余ったブドウ糖が脂肪を蓄積する原因となるのです。

「血糖値を緩やかに上げることによって、太りにくくする」これが、食べる順番ダイエットのメカニズムなのです。

ダイエットにおいて血糖値の上昇を抑えるのは、もはや常識となりましたが、実はこれ、アンチエイジングな観点においても、とても重要なことなのです。

太ることと老けることは同じこと

取りすぎた糖分は貯蔵しきれなくなり、余った糖が脂肪を蓄積すると説明しました。ですが、この余った糖は脂肪を蓄えるだけでなく、老化を促進させる元凶だったのです。

食事によって摂取し、余ってしまった「糖」は、体内にあるたんぱく質と結びつきます。これを「糖化」といい、体内にタンパク質と糖が加熱されて、ある物質ができあがります。この物質こそが、老化促進物質AGE(糖化最終生成物)!

強い毒性を持ち、老化を進める原因物質です。老化促進物質AGEが体内に蓄積されると、肌荒れをおこしたり、糖尿病や動脈硬化などの成人病、脂肪肝やアルツハイマーに繋がったりと、さまざまな病気を引き起こす要因となるのです。

では、どうしたら老化促進物質のAGEを減らすことができるのでしょうか? それにはまず、糖質の取りすぎに注意すること。とはいえ、たまには大好きなスイーツを食べたいし、パンもご飯も大好き!という人は、多いですよね…。

ついつい糖質を食べ過ぎちゃったなーという時は、その余ったエネルギー源を消費すればよいのです。つまり、運動です!

私は、食後1時間以内に、ウォーキングやスクワットなどの軽い運動をすることを提唱しています。食後に上昇する血糖値を、運動することによって抑えることができ、緩やかに上げるようにコントロールできるからです。甘いものやパン・ご飯が大好きという人は、お試しくださいね。

いかがだったでしょうか?

毎日の食事を、ちょっとだけ意識するだけで、あなたのコンディションや体型、見た目は格段に変化します。日々の習慣に、アンチエイジングな食事法を取入れて、いつまでも若々しさをキープしてみてくださいね。


執筆者:出口アヤ

更新日:2017年3月20日
公開日:2017年3月20日

新着記事

ログイン・無料会員登録