アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

きゅうりの大量消費レシピ!夏祭り気分で食べたい!きゅうりの塩麹一本漬け

/

管理栄養士・お野菜料理家のいまむらゆいです。夏に食べたくなるきゅうりの一本漬けは、塩麹で簡単おいしい!きゅうりが余りそうになったときのお助けおかずやきゅうりの大量消費としてもおすすめです。

他のおすすめ記事を読む
業務スーパーの激安スイーツが絶品デザートに変身!おすすめ簡単アレンジレシピ8選

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 5分

お祭りの定番をおうちで楽しむ

キンキンに冷やしたきゅうりの一本漬けをポリッと食べたくなる夏の季節。夏野菜の代表格であるきゅうりは、熱った体を内側から冷やし、熱をとってくれます。水分もたっぷりで水分補給にもなりますよね。

お祭りや観光地での食べ歩きでも見かけることのあるきゅうりの一本漬けは、おうちでも簡単に作ることができます。

塩麹を使って夏バテ予防にも

塩麹の材料である米麹にはビタミンB1、B2、B6などが含まれ、体の代謝を助けてくれる効果が期待できます。麺類ばかり摂りすぎていたり、食事が炭水化物に偏っている場合は夏バテに要注意!ビタミン補給を意識しながら、過ごしましょう。

そんなときにも塩麹を使ったきゅうりの一本漬けはオススメです。さっそく、レシピをご紹介します!

参考サイト:marukome 麹と酵素とそのはたらき

きゅうりの塩麹一本漬けのレシピ

材料(5本分)

きゅうり…5本
塩麹…大さじ3
砂糖…大さじ1
酢…大さじ1/2

作り方

① きゅうりは上下を切り落とし、斜めに隠し包丁を入れる。

② ジッパー付き保存袋に塩麹、砂糖、酢、を入れて混ぜる。

③ 保存袋に①のきゅうりを入れて軽く揉み込んだら、平たく慣らし、空気を抜いてジッパーを閉め、冷蔵庫で2時間以上冷やして漬け込む。

ポイント

・隠し包丁の代わりに、ピーラーで皮を数カ所剥いてから漬け込むのもオススメです。漬け込み時間が短くなり、早く仕上がります。

・食べる際には、きゅうりに割り箸を刺すとお祭りで見かけるようなきゅうりの一本漬けが楽しめます。おかずとして食卓に並べたいときには、ぶつ切りがオススメです。

アイスの代わりに一本漬け!

きゅうりはポリポリ食感が楽しい野菜です。その食感を存分に楽しむためには、丸かじりが一番!一本漬けにして冷蔵庫に常備しておけば、小腹が空いたときのおやつにもオススメです。

どうしてもアイスが食べたくなってしまう暑い夏ですが、たまにはアイスをきゅうりの一本漬けに変えてみるのはいかがでしょうか。美味しく食べて、健康的に暑さを乗り切りましょう!

「#キュウリ」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

いまむらゆい

管理栄養士・お野菜レシピ考案家

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

レシピの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録