アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
同じアイテムでもこんなにちがう!2022年っぽブラウンアイシャドウの選び方&塗り方

同じアイテムでもこんなにちがう!2022年っぽなブラウンアイシャドウの選び方&塗り方

/

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。2022年はブラウンアイシャドウがトレンドに復活!王道のブラウンアイシャドウは、恐らく持っていない人はいないアイテムなので、コスメポーチで眠っていたブラウンアイシャドウを使えばいいかと考えている方も多いと思います。一見同じように見えるブラウンアイシャドウでも、2022年のブラウンアイシャドウのトレンドは進化しているので、今までのアイシャドウを使うだけでは、ダサ見えしてしまうかもしれません。そこで、2022年トレンドのブラウンアイシャドウ選びのポイントと、今っぽアイになれる塗り方をご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
その定番、古いかも?今どき顔になるために40代女性がやめたほうがいいメイク

目次

2022年っぽブラウンアイシャドウ選びのポイントは3つ

ポイント①こっくりブラウンは卒業

ブラウンが復活といっても、2022年のブラウンは今までと一味違います。はっきりした濃淡の陰影でデカ目を作っていた一昔前のブラウンとは違い、ベージュに近いヌーディーでほんのりカラーニュアンスを感じるブラウンがトレンドです。

ヌーディーなブラウンは一見すると地味な印象を受けるので、オトナ女子は老け見えを気にして手が出しにくいかもしれません。

その場合は、目元に血色感を与えてくれる、温かみを感じる赤みニュアンスのベージュブラウンをチョイスしてみましょう!

ポイント②異なる質感のミックスが今っぽ

カラーにはっきりの濃淡がない分、マット・シマー・サテン・ラメなど、異なる質感のレイヤードで目元に奥行きと立体感を演出するのがトレンドです。

大きめのラメはフレッシュで華やかな印象に、ラメが小さくなると上品な印象にシフトするので、なりたい印象でラメの大きさを選びましょう。

まぶたのシワが気になる方は、大きいラメを使うことでシワを目立たせてしまう場合があるので、繊細なラメが入ったパレットを選びましょう。

ポイント③涙袋に最適なカラーと輝きラメのセットインがマスト

今っぽアイを目指すなら、涙袋メイクは必ず押さえたいポイントです。

涙袋メイクに最適なのは、ほどよい明るさのサテンやシマー系のカラーです。

自然な涙袋を目指すなら、肌なじみのいいベージュやピンクベージュの入ったパレットを選ぶようにしましょう。

今っぽブラウンアイメイクのHOW TO

ステップ1 

① Cを使ってアイホール全体に単色グラデーションを作ります。

② Cを下まぶたの目尻から2/3までのせます。

③ Dを黒目の外側に上下に広げましょう。

デカ目効果を狙うなら、Cは眉の下あたりまで大胆に広げてOKです。ただし色が濃いと不自然になるので、グラデーションを作りながら、筆に残ったものを薄く広げるイメージでしっかりぼかし込むことが大切です。

ステップ2 

① 涙袋にBを広げましょう。

涙袋にアイシャドウをのせる時つい目頭からスタートしてしまいがちですが、最初にのせたところに濃く色がのるので、一番ぷっくりさせたい涙袋の中央からスタートしましょう。

より涙袋を強調させたい場合は、マットカラーのCを細い平筆にとって、涙袋の影を薄く描きましょう。

ステップ3

① Aのラメを上まぶたと涙袋にのせましょう。

ラメをのせるとき、指やチップに取ったら、置くようにのせるのがキレイに仕上げるコツです。上下ともに、黒目幅を目安にラメをのせます。上まぶたは、目を開けたときにラメが見えるようにアイホールの中心よりもやや上までラメをのせましょう。

いかがでしたか?2022年秋は最新ブラウンパレットが多数発売されるので、自分のなりたい印象に合わせてピッタリのパレットをゲットして、今っぽアイメイクをマスターしてみてくださいね♡



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

伊早坂美裕

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録