アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

明日からいきなりキレイ!を叶えるメイクのかんたんTips4

「新色のコスメを買ってメイクしてみたけど、今までと変わらない」「メイクしてもしなくてもそんなに変わらないから、ずっと同じメイク」。そんな人はいませんか?メイクはだんだん上手になる、コツがわかれば突然美人にもなれるのです。明日から「あれ?なんかキレイ?」と思わせるためのTipsを紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

キワを攻めよ

アイライナーやマスカラは、目のキワに塗り残しがあると、いくら塗ってもぼんやりした目に。逆に、ここさえ丁寧なら太いアイラインや濃いアイカラーを使わなくてもはっきり大きな目になります。

アイラインやマスカラを塗るときは、顔の下から鏡を構え、アイラインはできるだけまつげの間をきっちり埋め、マスカラはまつげの根本からブラシを差し込んで塗ります。

目頭と目じりのまつげにもブラシを縦に持って端まで塗っておきましょう。どの角度から見ても美しい目元になります。

眉尻も、すっと先端が消え入るように描けているかチェックを。ここがぽってりしていると、横顔全体が垢ぬけなくなってしまいます。

新しいコスメより、お道具

コスメはプチプラでも、ブラシやチップは使い心地のいいものをそろえましょう。キレイなチップを使うとアイカラーの発色が全然違います。

こまめに洗うか、100均でもよいのでキレイなものをいつもストックしておきましょう。

また、眉ブラシやチークは、ある程度柄の長いものを使うのがメイクをキレイに仕上げるコツ。柄の短いブラシに比べて余分な力が入らないので、濃くベッタリつくのを防げるんです。コスメ用のブラシは高いものも多いですが、ずっと使えてコスパは抜群。少しずつそろえていきたいですね。

濃い色→淡い色の順で「ナチュラル・時短」メイク

アイカラーは、なんとなく薄い色→濃い色の順に塗りがちですが、仕上がりが近づくにつれて、「予想より濃いかも」と感じた事はありませんか?一番濃い締め色→淡い色の順番で塗っていくと、仕上がりの濃さがイメージしやすく、重ねていく途中に自然にぼかせるのでナチュラルな仕上がりに。

最初に濃い色を塗ることで失敗しても、綿棒でぬぐえば修正できますし、淡い色を重ねてカバーしたりと、簡単にリセットできます。

三面鏡でメイクする

実は、他人から見られているのは正面よりも横顔や斜め。気になる男性からは斜め上から見られている事も。

三面鏡を使い、角度を変えて自分の顔をチェックしましょう。斜めから見ると、眉の形やチークのつき方も変わって見えるはず。

真顔だけでなく、いろんな表情をして、眉の描き方が表情筋の動きとあっているか、まつげの角度は不自然じゃないか、チークは不自然に途切れていないか、チェックしましょう。他人の視点を取り入れてメイクすることで、全方位美人に近づけるはず。

やみくもにコスメを買うより、ツールやメイクの順番を変えたり、他人の視線を意識することで今の自分のメイクに足りないものがわかります。

自分のキレイをブレイクさせるポイントを探しましょう。

「#メイク術」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■本当はもっときれいなはず!ファンデの塗り方次第で美肌になれる!
■初心者向け♡美人メイクのコツは【黄金比率】でキマる!
■10分メイクでもきちんと感アリ!美人時短メイクの4ポイント
■美人になりたいならここをチェンジ!垢抜け美人まゆげの作り方
■必見!眉スタイリストが教える眉の左右バランスを合わせるテク


執筆者:中野亜希

更新日:2018年8月10日


5

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

よく読まれています

COMING SOON

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

COMING SOON
ログイン・無料会員登録