アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

湿気が多くても取れない!巻きを長くキープする巻き髪プロセス

夏も可愛い巻き髪スタイルをしたいですよね!でも、せっかく巻いても汗や高い湿度で巻きが取れやすいという悩みもある季節です。夏でも巻き髪スタイルを維持したい!そんな時は、巻き髪方法やアイテムをうまく活用しましょう!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

巻き髪前のスプレーで持ちをUP!

巻き髪を少しでも長くキープする為には、髪を巻く前の下準備が必要です。髪を巻く前は、しっかり櫛を通して絡まりのない状態にしましょう。また、軽くブローしておくと、より綺麗な巻き髪に仕上がります。

そして、巻く前に巻き髪スプレーを使用します。

・フィヨーレ クリエイティブデザイン カールバウンス ヘアスプレー

こちらのヘアスプレーを髪全体にいきわたるように振りかけます。巻き髪スプレーの中でも、振りかけても髪が濡れないタイプなので、すぐにヘアアイロンを使うことができ、また仕上がりもパリパリにならず自然な仕上がりになります。

髪が濡れるタイプの巻き髪スプレーを使用する場合は、スプレーをかけた後に軽くドライしてから巻くとパリッとした仕上がりが少し落ち着きますよ。

巻き髪スプレーをすることで全く巻きが取れなくなるということはありませんが、スプレーをした時の方が持ちは断然UPします!

しっかり髪全体に熱を加えて巻く!

巻き髪スプレーをかけた後はさっそくヘアアイロンを使って巻きましょう!

夏は湿度が高くどうしても巻きがゆるくなってしまいます。そこで、しっかり髪全体に熱を通して巻いていきましょう。

① ヘアアイロンを1回転すると根本まで巻くことができる位置で髪をはさみます。
② 1回転させ、4〜5秒ほどキープします。
③ クリップははずさず、ヘアアイロンを下に下げて巻いていた髪を取り外します。
④ ヘアアイロンを少し下げ、再び1回転させます。最初に巻いた箇所は巻かなくて済む程度まで下げましょう。ここで4〜5秒ほどキープします。

⑤ ③と④を繰り返し、毛先まで巻いていきます。
⑥ 巻いた状態がこちらです。根本から髪全体にしっかり熱が通りカールがついています。
⑦ 髪全体を①〜⑤を繰り返し巻いていきます。
Fin 全体を巻き終わった後、髪に加わった熱がなくなり冷たくなったことを確認してから手ぐしで軽くほぐします。こちらで完成です。

この巻き方をベースに行うことで、髪全体に熱が加わりしっかり巻くことができますよ!

ツヤ、キープを調節!

巻き終わったら、最後に仕上げをしましょう。

パリパリにならず、ツヤ出しができ、キープ力をその日の予定などで調節できるワックスを使用します。

・ウェーボ デザインキューブ

ピンク:ソフトグロス

赤:ニュートラルワックス

ピンクはツヤ出しタイプです。こちらのみではスタイルキープ力はありませんが、髪にもみこむとツヤ髪に仕上げることができます。赤は、スタイルキープ力があるタイプのワックスです。この2つのワックスを混ぜてツヤの出方やキープ力を調節して仕上げましょう!

しっかりキープさせたい時はピンク:赤=3:7程度をのひらの上でミックスさせて髪にもみこみましょう。

この時、キープさせたいからといってワックスをたくさんつけてしまうのはNGです。ワックスの重さで巻きがとれやすくなってしまいます。

キープ力を高めたい時は赤の割合を多くして調節してみてくださいね。

夏も可愛く巻き髪がしたい!そんな時にぜひお試しくださいませ!

「#巻き髪」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■今日は絶対きれいになりたい!失敗しない髪の巻き方☆
■ふんわり巻き髪のキモ! 見えないカール『ゴーストカール』
■プロ美容師流!自然な巻き髪を簡単に自分で作れちゃうコツ
■上手にほぐせない!そんな不器用さんには表面巻きがおススメ
■簡単ゆるふわ♡巻き方ひとつでボブが今っぽモテ髪に変わる!


執筆者:常岡珠希


この記事に関連するキーワード


17

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録