アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

米粉とお豆腐でグルテンフリー!初心者さんでもできる♡混ぜて焼くだけの簡単シュトレン

/

米粉マイスターいづみです。クリスマスが近づいてきましたね。ケーキはもちろん、シュトレンも食べたくなりませんか?今回はドイツの定番のパンを米粉で作りました。混ぜて焼くだけで本格的なお味が楽しめます。初心者さんでも作りやすいレシピをご紹介します♪

目次

シュトレン(シュトーレン)とは

シュトレンとは、ドイツの伝統的な菓子パンのことです。酵母の入ったパン生地に、ラム酒漬けのドライフルーツやナッツを練り込んで焼き上げ、表面に粉糖をまぶしてあるのが特徴です。

クリスマスシーズンになると、地域や家庭、お店によってさまざまな種類のシュトレンが作られ、違った味が楽しめます。

日本では「シュトーレン」という名前が定着していますが、ドイツ語では「シュトレン」という発音の方が近いです。

グルテンフリーでも作れる!初心者さんでも簡単♪クリスマスにピッタリな「シュトレン」のレシピ

今回はそんなシュトレンを、米粉をつかって作るレシピをご紹介します!グルテンフリーでできるので、食物アレルギーがある方も安心して食べられますよ。

材料

豆腐 100g
米粉 80g
アーモンドプードル 20g
きび砂糖 20g
シナモン 3g
ベーキングパウダー 4g
くるみ 30g
好みのドライフルーツ(レーズン・クランベリー・ドライイチジクなど) 100g
ラム酒 適量
無塩バター 15g~
好みでしょうがパウダーやオールスパイスなど 適量
溶けない粉糖 適量

下準備

レーズン・クランベリーはザルに入れ、お湯をかけて洗い、キッチンペーパーで水気をふき取る。
※洗うことでオイルコーティングや汚れ落とし、柔らかくなるのでラム酒が浸み込みやすくなります。

カットしたドライイチジクと合わせて、ラム酒を加え混ぜ合わせる。
※時間があれば一晩置くと、ラム酒がより一層浸み込みます。お好みに合わせてください。

作り方

① オーブンを170℃に余熱開始。

② 軽く水気を切った豆腐をボールに入れ、なめらかになるまでホイッパーで混ぜる。

③ 米粉・アーモンドプードル・ベーキングパウダー・きび砂糖・シナモン・ドライフルーツ・クルミを加え、ゴムベラで混ぜる。

※生地が緩ければ米粉を少し加えて調整してください。
※お好みでしょうがパウダーやオールスパイスなどを入れても◎

④ オーブンシートを引いた天板に丸く整えた生地を置き、水で湿らせた手のひらで楕円に伸ばす。奥から手前に二つ折りにする。※この時、下になる生地を長めに残すとシュトレンらしい形になります。

⑤ 170℃のオーブンで25分くらい焼く。

⑥ つまようじを刺してみて、ゆるい生地がくっついてこなければ焼き上がり。※緩い生地がくっついてきたら、追加で3分~焼いてください。

⑦ オーブンシートを敷いたままケーキクーラーに置き、あら熱を取る。

⑧ あら熱を取る間に無塩バターを湯せんで溶かす。あら熱が取れたら、溶かしバターを全体に塗る。

⑨ 茶こしに溶けない粉糖を入れ、全体に振りかける。※裏側もサイドもしっかり振りかけましょう。

⑩ ラップで包み、ひと晩寝かせる。

⑪ 仕上げに再度粉糖を振りかけて完成!

シュトレンの賞味期限

通常シュトレンは、クリスマスの前に毎日薄くカットし、一切れずつ4週間に渡り食べるものです。

このシュトレンはお豆腐を使っているため、作った翌日から3日~4日ほどで食べきるのがおすすめです。

粉糖をたくさんまぶしてあるので、シュトレンそのもののお砂糖は少なくしました。そのため、より賞味期限は短くなるかと思います。

シュトレンの保存方法

20度以下の低めの室温で保存してください。冬は室温でも20度以下だと思いますが、暖房の効いている部屋や、直射日光は避けましょう。

今回シュトレンに使用した材料

米粉

波里さんの米粉を使用しました。吸水率が高いため、豆腐の水気を吸い、成形しやすい米粉です。他のメーカーの米粉を使用する場合は、生地が緩くなるかもしれません。その時は米粉を少しずつ足して、調整してくださいね♪

お豆腐

特濃ケンちゃんを使用しました。使い切りで量もちょうどよくおすすめです。パックを開けたときに、手で押さえて軽く水気を切ればOKです。水切り不要、手間も省けます。

ドライフルーツ

お好きなものをお使いください。ラム酒が苦手な方は、ラム酒なしでも大丈夫です。今は100均でも少量パックのドライフルーツを販売しています。クルミやアーモンドプードルもあります。上手に活用してくださいね!

今回は米粉とお豆腐で作れるシュトレンをご紹介しました。冬の定番レシピに、ぜひ加えてくださいね!

「#米粉」の記事をもっと見る



この記事の著者

米粉マイスターいづみ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録