アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
2022年のメイクそのままはNG!プロ直伝♡2023年の正解今っぽアイの作り方

2022年のメイクそのままはNG!プロ直伝♡2023年の正解今っぽアイの作り方

/

メイク講師のSAKIです。2022年に流行ったメイクは2022年まで。2022年のトレンドメイクはどれもやりやすく、簡単に垢抜けることができるテクニックが多かったですよね。来年も引き続き楽しみたい!という方も多いと思いますが、そっくりそのまま持ち越さず、ぜひアレンジを加えるなど新しいメイクにチャレンジしてみませんか?今回は、新しい年に覚えておきたい最新今っぽアイメイクのやり方をご紹介します!

他のおすすめ記事を読む
垢抜け眉の裏ワザ
知らなきゃ損します!簡単に垢抜け眉をつくれちゃう♡誰でも失敗ナシの裏ワザ3選

目次

淡いペールトーンのシャドウはマスト!新しい囲み目メイクにチャレンジ

2023年春夏に発売される新作コスメを見ていると、まさに春らしいペールトーンの柔らかなカラーアイテムが揃う傾向にあるようです。2023年今っぽメイクを楽しむためには、まずはトレンドカラーアイテムをゲットしましょう!

中でも目立つのが「ピンクカラー」。パステルピンクや赤みは強いけど明度の高いフレッシュピンクなど、女性らしさがアップする色のアイシャドウが豊作です、

このような柔らかさのある色は、ぐるりと囲み目メイクをしても派手になりにくいです。

2022年はベージュやブラウンなど肌馴染みの良い色で囲み目メイクをするのがトレンドでしたが、2023年はカラーアイテムを使って囲み目メイクを楽しんでみましょう!

上まぶたはアイホール内側まで、下まぶたは涙袋からはみ出さない範囲までにカラーをおさめると、バランスの取れたナチュラルな囲み目メイクに仕上がりますよ。

パキッとカラーシャドウはアイラインのように使いこなす

2023年も引き続き、ペールトーンのカラーアイテムに加えてアクセントになるような華やかなカラーアイテムも豊作です。ペールトーンのアイシャドウと、アクセントになるパキッとカラーがセットになったアイシャドウパレットが特に目立ちます。

このようなパキッとカラーシャドウは、アイラインとして使いこなしてみましょう。

2022年はカラーをアイラインで使うことが多かったですが、2023年はこのアイシャドウのパキッとカラー自体をアイラインとして使用し、マスカラのみで目もとをキュッと引き締めるのがおすすめです。

ペールトーンのアイシャドウと相性もいいですし、垢抜けた印象に仕上がります。

アイライナーブラシやチップを使用してまつげの生え際を埋めるように細く濃く入れ、好みに合わせて長さを調節しましょう。下まぶたの目尻側にも細く入れることでより目の印象も引き立ちますよ。

煌めきラメは、目頭に控えめにON!

もうひとつ、2022年から引き継いでいるのが「大粒ラメ」。みているだけでワクワク、うっとりするような大粒のラメは、2023年も使っていきたいですよね。

実は2023年は「マットメイク」もキーワードになってきます。先ほどにも書いた最新版の「囲み目メイク」はマット質感のアイシャドウを使うと今っぽく仕上がりますが、それだと大粒ラメアイテムの出番がなくなります。

そんな時には「目頭」にONしてみましょう!上まぶたの広い範囲に馴染ませるのではなく、目頭を「く」の字で上下繋げるようにちょこんと馴染ませるだけです。目頭に色と明るさがプラスされることで目もとがキュッと引き締まり、小顔効果もアップ!お顔全体も明るく見えますし、控えめな位置なのでどんな色の大粒ラメでも対応できますよ。

いかがでしたか?

今回は、難しいテクニックは必要なく2022年から少しアレンジしたアップデートアイメイクをご紹介しました。

また、トレンドカラーをいくつか集めておくと、同じメイクテクニックでもバリエーション豊かな今っぽアイメイクを楽しむことができます。

ぜひ旬カラーを使って最新の今っぽメイクにチャレンジしてみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

SAKI

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録