アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
45歳になったら取り入れるべき!美容ライターが教える2023年の最新今っぽ若見えメイクとは

45歳になったら取り入れるべき!美容ライターが教える2023年の最新今っぽ若見えメイクとは

/

美容ライターの遠藤幸子です。40代後半に突入するとなかなかメイクに関して冒険ができないものの、お悩みをカバーし、若々しい印象に見せたいと考えている方が多いのではないでしょうか。今回は、そんなお悩みを解消して今っぽく若々しい印象を与えることができるメイクについて紹介します。

目次

【2023年最新今っぽ若見えメイク①】くすみ感のある曖昧カラー

40代後半になると、目ヂカラがダウンしてぼやけた印象に見えるという方が増えてきます。それをメイクでカバーしようとすると、ブラックやダークブラウンなどのアイライナーやマスカラでしっかりと目元を引き締めるメイクを選択しがちです。

しかし、そういったメイクは時に古臭い印象に見えてしまうため、今っぽさを取り入れるなら、トレンドのくすみ感のある曖昧なカラーを取り入れるのがおすすめです。

やり方は、マスカラで取り入れるという方法がひとつあり、それだけで目元が柔らかく見えますが、アイライナーでしっかり引き締めておけば目元の印象がぼやける心配もありません。

このほか、ダブルラインにして、細くダークブラウンのアイライナーを上まぶた全体にまつ毛の隙間を埋めるように入れます。その後目尻側3分の1だけにくすみ感のある曖昧なカラーを重ね、軽く跳ね上げましょう。そうすると、ほどよい抜け感も出て垢抜け、若々しい印象に見せることができます。

【2023年最新今っぽ若見えメイク②】眉にも抜け感を出す

40代後半の方は、ついひとつのアイテムで眉を仕上げてしまうという方が多いかもしれません。しかし、それがペンシルでダークカラーだと特に重たい印象に見えるだけでなく、顔がくすんで見えることがあります。そうすると、実年齢よりも老けて見えてしまう可能性があります。

とはいえ、40代後半の方はアムラーブームの影響などで細眉を経験した方も多く、地眉が足りず眉を描き足す必要が多い印象です。

そのため一旦地眉に合わせたカラーで眉全体を仕上げ、その上からほどよい明るさのあるアイブロウマスカラを重ねると抜け感が出て顔色も明るく見えることによって若々しい印象に仕上がります。

【2023年最新今っぽ若見えメイク③】頬にはくすみをカバーする血色感をプラス

チーク選びが難しくなる40代後半は、自分の肌に合った血色感を頬に与えるつもりでチークを選びましょう。自分に似合う色はこれまでの思い込みを一旦捨て、気持ちを新たに実際に試してみて今の自分の肌をパッと明るく見せてくれるものを選びましょう。

意外にも明度の高いものよりもくすみ感があるものや、これまで敬遠してきた赤やオレンジがしっくりくる場合があります。できるだけいろんな色を肌にのせてみて、その仕上がりを観察してみてください。

発色は調整しやすいものがおすすめで、少しずつ重ねてメイク全体のバランスを取ることが大切です。

【2023年最新今っぽ若見えメイク④】唇はほどよい血色感と抑えたツヤがキモ

ここのところグロスを重ねたような濡れツヤよりも、少しツヤを抑えたマットすぎないリップがトレンド傾向です。乾燥しにくいものを選び、ぜひまとってみましょう。そういったリップは、マスクに付きにくい傾向にあるので、何かと重宝します。

色はほどよく血色感を与えてくれるものがおすすめで、メイク全体のバランスを取りながら、顔色を明るく見せてくれるものを選ぶことが若見えにつながります。

いかがでしたでしょうか。今回は、お悩みを解消して今っぽく若々しい印象を与えることができるメイクについて紹介しました。ぜひ参考にしていただき、日頃のメイクをアップデートしてみてください。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録