アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ふわふわマスカルポーネクリームたっぷり♡おうちで簡単!本格抹茶ティラミスのレシピ

/

エスプレッソの苦味とマスカルポーネの濃厚なクリームが絶妙に組み合わさったイタリアの伝統デザート、ティラミス。エスプレッソのパンチが効いた苦味を抹茶のデリケートな苦味に置き換えて抹茶ティラミスを作ってみました。抹茶の緑が見た目にも美しい和テイストのティラミスです。

他のおすすめ記事を読む
「結局これが一番おいしい」シンプルな材料だけ!喫茶店風レトロプリンのレシピ

目次

抹茶ティラミスのレシピ

材料 8人分(22 x 16 ガラス容器 1台分)

土台

お湯 200ml
抹茶パウダー 8g(小さじ4)
フィンガービスケット 20本

マスカルポーネクリーム

卵黄 4個
グラニュー糖 60g
マスカルポーネ 250g
生クリーム 100ml
卵白 2個
グラニュー糖 40g
抹茶パウダー 大さじ1

※このレシピでは生卵を使用しています。できるだけ新鮮なものを使って下さい。

作り方

準備

容器に抹茶パウダーをふるい入れ、80度くらい(一度沸騰させたお湯を他の容器などに移して一度冷ましたもの)のお湯を注ぎ、抹茶をよく溶かしてから常温に冷ましておきます。

マスカルポーネクリーム

①ボウルに卵黄、グラニュー糖(60g)を入れてハンドミキサーで白くもったりとするまでよく混ぜます。(ここでよ〜く空気を含ませて泡立てることが重要です!)

②マスカルポーネを加えて混ぜ合わせます。ここはあまり泡立てる必要はなく、逆に混ぜすぎに注意して下さい。高速でさっと混ぜ合わせればOKです。

③別のボウルに生クリームを入れ、7分立てにします(ツノが立たずすじが残るくらい)。

④別のボウルに卵白を入れて、グラニュー糖(40g)とあわせて角がゆるやかに立つまでハンドミキサーで泡立てます。

⑤泡立てた生クリームを②に加え、ゴムベラで底から大きく返すように混ぜ合わせます。泡立てた卵白も2〜3回に分けて加え、同じように混ぜ合わせます。

組み立て

⑥フィンガービスケットを抹茶液にさっと浸し、型に並べていきます。(このとき抹茶液はぬるいくらいがちょうど良いです。熱すぎるとフィンガービスケットに抹茶液が染み込みすぎ、冷たいと染み込みづらくなります。)

長く浸しすぎるとビスケットが水っぽくなってしまうので、手早くさっと浸します。慣れていない時は最初にフィンガービスケットを型に並べて、抹茶液の半量をハケで塗るように染み込ませて下さい。

⑦マスカルポーネクリームの半量を流し入れます。

⑧残りのフィンガービスケットを抹茶液を染み込ませながらクリームの上に並べます。マスカルポーネクリームを流し入れ平らにならし、冷蔵庫で2時間ほど冷やします。

⑨仕上げに抹茶パウダーをふって出来上がりです。

切り分ける際は、ナイフで切れ目を入れてからスプーン型のレードルなどを使うとうまく取り出すことができます。

フィンガービスケットはスポンジケーキやカステラなどでも代用できます。ぜひお試しください!



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

Chicca Food

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る


レシピの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録