アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

冬の乾燥ボサ髪に…自宅のヘアケアをサロン級にするポイント!

「髪は女の命」という言葉もあるくらい、女性にとってヘアケアは重要。髪の美しさは女性の印象を大きく左右するポイントなんです。しかし、ヘアサロンに頻繁に通うのはお財布的に厳しいですよね…。そこで今回は自宅でのヘアケアをサロン級に高めるコツを紹介します!今日から早速、セルフ美髪ケアをはじめてみませんか♡

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

美髪ケアには「ブラシ」や「コーム」が必須!

シャンプーをする時、いきなり髪を濡らしていませんか?

洗い残しなく、髪の汚れをきちんと落とすためには、事前の「ブラッシング」がポイントなんです。

お風呂に入る前に、あらかじめ髪をブラッシングして整えておくことで、シャンプーの泡が全体に行き渡りやすくなります。また、ブラッシングすることで頭皮の汚れやフケが浮き上がり、よりキレイな髪に♡

また、シャンプー後にトリートメントをつける際は、粗いコームでとかすように塗っていくのがポイントです。手櫛よりも、髪の毛1本1本にトリートメントが浸透するので、美髪効果を実感しやすくなりますよ♡

シャンプー前の「湯シャン」で汚れを落とす

「湯シャン」とはシャンプー剤を使わずに、お湯だけで洗髪することを言います。

湯シャンのコツはブラッシングの後、指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするようにもみ洗いしていくこと。2~3分を目安に湯シャンをすれば、地肌の汚れが洗い流されて、デトックス効果もあるんだとか♡

ただし、ゴシゴシと強く洗うなど、湯シャンのやり方を間違うと頭皮トラブルに繋がることも…。湯シャンする時間や力加減には気をつけてくださいね。

濡れ髪のままはダメ!お風呂上りはすぐにタオルドライ&オイルを

お風呂上り、濡れ髪のまま過ごしていないでしょうか。濡れた髪はダメージに弱いと言われており、そのまま放置するとパサパサとした髪になりやすいんです…。

洗髪後はしっかりとタオルドライをおこない、素早くオイルをつけてドライヤーで乾かしていきましょう!オイルは手のひらに伸ばし、毛先中心に馴染ませるのがコツ。手のひらに残った、ごく少量のオイルは根元に馴染ませるもオススメです◎

オイルをつけた後は、トリートメントと同じように髪をコーミングしてみてくださいね♡

ドライヤーは「距離」と「時間」を守ってダメージ回避♡

仕上げはドライヤーです。髪ダメージを避けるためには生乾きも、乾かし過ぎにも注意が必要なので、ドライヤーの正しい使い方をおさえておきましょう!

髪質にもよるものの、ドライヤーの風をあてる目安時間はロングヘアが10分、ミディアムショートが5分程度です。熱ダメージを避けるために、ドライヤーは髪から15cmほど離して使ってくださいね。

温風で根元から毛先に向かって乾かし、一通り終わったら冷風で仕上げるのがツヤ髪を生み出すコツですよ◎

今回は自宅でのヘアケアをサロン級に高めるコツを紹介しました。

ちょっとした一手間が、美髪をつくる近道です♡ぜひ今晩から、今回紹介したヘアケアを実践してみてくださいね!

「#ヘアケア」の記事をもっと見る


執筆者:michill ビューティー


この記事に関連するキーワード


27

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録