アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
メイク好きさんほどやっちゃいがち!実はやらない方がいいメイク4選

メイク好きさんほどやっちゃいがち!実はやらない方がいいメイク4選

/

SNSなどで色々なメイクテクを勉強されている賢者さんも多いと思いますが、中にはすでに流行が過ぎ去ってしまったメイクや他とのバランスが取りづらい超高度テクニックがあったりします。今回はメイクが好きな人ほどやってしまう実はやらない方がいいメイクをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
メイク&スキンケア ビフォー アフター
そのお手入れすぐやめて!40代の老け見えが加速するNGメイク&スキンケア

目次

【NGポイント1】眉頭しっかり眉

眉頭をしっかり描くと男らしく見えてしまうので薄めに仕上げて

眉頭の形がはっきりしてると一見形は整って見えますが、顔全体で見た際、なんだか凛々しく男らしい雰囲気になってしまいます。

つい眉頭をしっかり書いてしまう方や、元から眉頭の毛がしっかり生えている人は要注意。

アイブロウメイクをするとき、眉頭はなるべく手を加えないこと。

また、眉頭の毛が濃い方は毛を抜いて薄くしたり、コンシーラーを少しだけ塗るのもおすすめです。

【NGポイント2】目のきわまでコンシーラー

コンシーラーを目のキワまで塗り込むと中顔面が長く見えたりシワが目立ったりする原因に

目の下はくすみが目立ちやすいので、ついしっかりとコンシーラーでカバーしたくなりますが、中顔面が長く見えてしまうだけでなく、細かい皺に入り込み、老け見えの原因にもなります。

コンシーラーは目のキワは少し開けて塗りましょう。

【NGポイント3】鼻筋まっすぐノーズシャドウ

鼻筋まっすぐなノーズシャドウは不自然な仕上がりに

メイク好きな方ほどやってしまいがちなまっすぐノーズシャドウ。

確かにこの方法は鼻筋が通って見えるのですがとっても不自然に見えてしまいます。

最近は鼻筋を出すよりも、鼻を短く見せるメイクが主流なので、部分的にくの字を意識して立体感を出す方法がおすすめです。

【NGポイント4】自眉とアイブロウの色の差

自眉の色と描き足した眉の色が合っていないのはNG

眉をしっかりお手入れし、キレイに眉をかける人ほど目立ってしまうのがこれ。

形や描き方も大切ですが、アイブロウアイテムの色合わせを注意することで、より一層自然で美しい眉になれます。

メイクが好きな人ほどやってしまうメイクの落とし穴、ぜひチェックしてみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録