アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイシャドウの塗り方

垢抜けたいなら絶対チェック!今っぽくなれるアイシャドウの塗り方のプチ見直しポイント

/

みなさん、アイシャドウの塗り方って定期的にアップデートしていますか?ついどうしても癖のように同じ塗り方をしてしまいがちなアイシャドウ。今回はグッと垢抜けるアイシャドウの見直しポイントをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
その目力メイクお古見えしてます!抜け感があるのに盛れる♡40代の今っぽアイを作る方法

目次

【POINT1】締め色は二重幅よりも外に広げない

締め色は二重幅より外には広げない

アイシャドウの締め色は、肌に馴染むように上手くぼかせばOK!だったのは平成までです。

ナチュラルに、でもしっかり盛れる令和のアイシャドウは、二重幅よりも広げないことが重要。

そうすることでアイシャドウ塗ってます感を出さずに、目元を引き締めることができます。

また、二重幅内におさまっていれば、目尻側はシャドウを重ねて若干濃くしてもOK。

【POINT2】目頭をとにかく明るく

目頭をとにかく明るく

アイシャドウを塗るのはまぶただけではありません。

目頭を明るくすることで、顔全体が明るく華やかになり、抜け感もプラスされるんです。

アイシャドウはもちろん、ハイライトを使っても良い感じに仕上がります。この部分を明るくするだけで顔の印象が結構変わるので、ぜひ試してみてください。

【POINT3】仕込み影シャドウ

仕込み影シャドウ

最近のアイシャドウで絶対に欠かせないのがこの仕込み影シャドウ。

シェーディングカラー程度の暗さのアイシャドウを細いブラシにとって、下まつ毛の生え際に影っぽく塗ります。

これをするだけで、中顔面がグッと短く見え、若見え&トレンド顔に近づきます。個人的にイチオシのメイクテクです。

今っぽくなれるアイシャドウの塗り方のプチ見直しポイントをご紹介しました。

今回ご紹介したポイントはどれも簡単ですぐに試せるテクニックなので、ぜひ明日からの毎日メイクに取り入れてみてくださいね。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録