アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉メイク

絶対試してほしい!眉メイクのプロが使う裏技でこんなに印象チェンジ♡

/

トップアイデザイナーのクボタマイです。眉メイクでお悩みの方必見!今回は、眉メイクで試すと一気に垢抜けるプロの裏技をご紹介します。裏技といってもどれも簡単なものなのでぜひ参考にお試しください♡

他のおすすめ記事を読む
40代の逆垢抜けアイメイク
やってる40代さんは絶対やめて!垢抜けのつもりが残念見えしちゃう逆垢抜けアイメイク4選

目次

スクリューブラシを使うべし

スクリューブラシ

みなさんは眉メイク前にスクリューブラシを使っていますか?

ただ眉毛を梳かすことに意味があるのかと疑問に思う方もいるかもしれません。

ですが、眉毛の毛流れってとても大事なんです。毛流れが整っているだけでお手入れしたように感じたり、描き足しが少なく済んだりします。

眉メイク前の一手間で眉の印象も変わるのでぜひお試しください♡

眉頭の濃さに注意!

眉メイクでよく相談されるお悩みのひとつに、眉頭が濃くなってしまうことがあります。

眉頭が濃くなると眉の主張が強くなってしまったり、マロ眉のように見えたりします。

そこで眉頭が濃くならないようにする裏技は、グラデーションを意識することです。眉尻が1番濃くなるようにしましょう。

眉メイクのOKNG

眉頭はほぼ描き足しなしで、真ん中〜眉尻を中心にメイクするのを心がけると、濃くなりにくくなりますよ♡

眉マスカラでよりボサボサになってない⁉︎

濃い眉毛を薄くするのに必要不可欠な眉マスカラですが、眉マスカラをのせることで逆にボサボサに見えることがあります。

それは、逆立ててのせた時に起こりやすいです。

逆立ててのせると1本1本コーティングされてキレイにのせられると思いがちですが、液がつきすぎていかにも眉マスカラしました!というようなベタッとした重い印象になってしまいます。

眉メイクのOKNG

ここでの裏技は、表面をなでるように毛流れを整えながらのせることです!すると自然に馴染むように眉マスカラが載せられるのでオススメです♡

また、眉マスカラは太いブラシのものよりも細いブラシを選ぶと液のつきすぎも防げるので、選ぶときの参考にしてみてください♪

マスカラのブラシ

今回は眉メイクの裏技についてご紹介しました。

この3点を取り入れるだけで垢抜け眉間違いなしです♡ぜひ参考にしてお試しください!



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

クボタマイ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録