アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイシャドウの塗り方

マネした人から垢抜けちゃう!2024年の今っぽアイを作るアイシャドウの塗り方3選

/

2024年のアイメイクはプチテクが盛りだくさん。今っぽアイを作るアイシャドウのテクニックをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
ちょっと前は定番だったけど、プロはもうやめました!垢抜けから遠ざかる眉の描き方

目次

【POINT1】明るいベージュシャドウをアイホール全体に

明るいベージュシャドウをアイホール全体に塗る

お気に入りのアイシャドウをすぐに塗りたい気持ちを抑えて、ベースとして明るいベージュシャドウをアイホール全体に塗ります。

ポイントは、白ではなく明るいベージュ色を選ぶことと、アイホール全体に広く塗ること。

目元のくすみが飛ぶ&この後にシャドウを塗る際、多少適当にのせてもムラになりづらくなります。

【POINT2】アイシャドウのメインカラーは眉下の骨の下まで広げる

アイシャドウのメインカラーは眉下の骨の下まで広げる

最近のメイクトレンドの傾向は、あまり主張しない色のアイシャドウを使ったアイメイク。

色の主張が弱いため、アイシャドウを塗る範囲は広めにした方が、目力がアップします。

指で触って確認しながら、眉下の骨の下までアイシャドウを広げましょう。

【POINT3】下まぶたのラメは正面ではなく上側にのせる

下まぶたのラメは正面ではなく上側にのせる

2024年はグリッターやラメを使ったメイクが定番になりそうな予感。

キラキラを自然に使うのは、下まぶたがおすすめ。下まぶたにキラキラをのせる際、つい涙袋全体にのせがちですが、ちょっと待って!

室内の照明はほとんど真上から照らされるので、涙袋よりも粘膜に近いちょっと上側にのせると、照明の光をキャッチして目元を華やかにしてくれます。

正面にのせるよりもナチュラルに仕上がるので、30代でもキラキラを楽しめます。

2024年の今っぽアイを作るアイシャドウの塗り方3選をご紹介しました。

ほんの少しの工夫でアイメイクはワンランクアップします。ぜひみなさんも試してみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録