アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイクの落とし穴

やってる人多いけど実はやめないとまずい!やめた方がいいアイメイクの落とし穴3選

/

SNSでは裏ワザとして紹介されているけれど、実際はちょっと不自然なメイクだったり、これまでは定番だったけど今の時代にはちょっとマッチしていない、メイクの落とし穴をご紹介します。ついやってしまいがちなメイクなので、ぜひメイクのアップデートに役立ててくださいね。

他のおすすめ記事を読む
アラフォーの垢抜け度はベースメイクで決まる!垢抜けvs残念見えベースメイクのちがい

目次

【NGメイク1】主張が強いアイシャドウのカラー選び

主張が強いアイシャドウのカラー選びはNG

最近のアイシャドウはとても性能が高く、発色も抜群です。

それゆえ、アイシャドウ単体で見たときは可愛いけれど、実際に肌にのせてみるとなんだか顔から浮いてしまっていたり、思っていたよりも派手なんてことも多々あります。

また、パーソナルカラーに合っているからといって、あまりに主張が強い色を選ぶのは避けた方が無難です。

主張が強すぎず肌になじむ色を選ぶと◎

【NGメイク2】目頭切開ライン

目頭切開ラインはNG

数年前は定番だった目頭切開ラインも今ではNGメイクのひとつ。

少々離れ目の方がトレンド顔っぽいので、とくに求心顔気味の方は目頭切開ラインは引かない方が得策です。

離れ目が気になっている方は、目頭側のアイシャドウを少し濃くする程度がベストです。

【NGメイク3】ラメシャドウをまぶた全体にのせる

ラメシャドウをまぶた全体に乗せるのはNG

SNSでありがちなラメシャドウの使い方がこちら。

カメラや動画越しに見るととても盛れるのですが、リアルだとあまりに派手な印象に。

日常生活ではかなり浮いた印象になってしまいます。

SNSで可愛いメイクはSNS上で映えるだけのメイクの可能性もあるので、安易に手出ししないのが吉。

やめた方がいいアイメイクの落とし穴3選をご紹介しました。流行りのコスメやメイク方法を取り入れようとすればするほど陥りがちな失敗ポイント。

ぜひご自分のメイクと照らし合わせてチェックしてみてくださいね。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録