アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
40代向けアイシャドウの塗り方

マネしたら40代さんから垢抜けちゃう!2024年の今っぽアイを作るアイシャドウの塗り方3選

/

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。 40代になると、目元のくすみやたるみなどが気になってくる人も多いと思います。今回は、そんな40代さんの悩みを解消しつつ垢抜けも叶えるアイシャドウの塗り方を3つご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
その目力メイクお古見えしてます!抜け感があるのに盛れる♡40代の今っぽアイを作る方法

目次

①40代にオススメのマットアイシャドウメイク

2024年はマットカラーのアイメイクもトレンドになっていますが、40代向けのマットアイシャドウの使い方は目元がグッとリフトアップして見える塗り方がオススメです。

40代にオススメのマットアイシャドウメイク

まずは締め色のカラーを目尻からアイホールの目尻側に向けて広げます。

このように締め色を塗ることで、目尻側がリフトアップして見えます。

締め色と境界線をほんのりぼかす

次に淡めのぼかしカラーをアイホール全体に広げて、締め色との境界線もほんのりボカします。

こうすることで伏し目になった時にも自然に見えます。

締め色を目尻に側に入れるとリフトアップして見える

目の下は、先にぼかしカラーを涙袋ラインまで薄く広げて自然な影を作ります。

締め色は目尻側だけ細めに入れることで、さらにリフトアップして見せることができます。

最後の仕上げに目頭にツヤ感の出るほんのりパールが入ったハイライトを入れることで、夕方になってもくすみにくくなります。

目頭のハイライトだけツヤを出すことで目元が沈んで見えやすい40代さんも、マットアイシャドウメイクをとり入れやすくなります。

アイラインとマスカラを塗った完成形

②カラー×ニュートラルカラーで大人のカラーメイク

2024年のアイパレットはニュートラルに見えるカラーに、ピンクやグリーンなどのカラーがミックスされたものがたくさん発売されていますね。

40代向けにオススメなカラー×ニュートラルカラーのとり入れ方は、目の下にカラーを入れてうるみEYEに見せる使い方。そうすることでいきいきとした印象に見せることができます。

カラーとニュートラルカラーで大人のカラーメイク

まず、上まぶたはニュートラルカラーをアイホール全体に広げます。

次に下まぶたの目尻側中心にカラーを広げます。

大きく広げてしまうと腫れぼったく見えるので、涙袋ラインくらいまでにして、細めに入れるようにします。

いきいきとした印象の目

目の下にカラーを入れるとくすみやすい方は、ベースにベージュ系のカラーを目の下に入れておくとカラーが発色しやすくなります。

③ヌーディ+目のエッジを際立たせるアイメイク

40代になってなんだか目元がボヤけて締まりがなくなってきたという方にオススメな垢抜けアイメイクが、目のエッジを際立たせるようにアイシャドウを塗る方法です。

ヌーディと目のエッジを際立たせるアイメイク

目元全体を濃くするとひと昔前のアイメイクになってしまうので、アイホール全体はヌーディに仕上げます。

アイラインの引き方

目の下も同様にヌーディーカラーを涙袋ラインまで広げて、黒目の下だけ締めカラーを入れて引き締めます。

抜け感と締まりのある目元

そして目のキワに濃いめの引き締めカラーをラインぽくしっかり入れます。そうすると目のエッジが際立ち、締まりはあるのに抜け感もあるヌーディアイメイクに仕上がります。

いかがでしたか?

40代ならではの悩みもカバーしつつ、旬なイメージになるアイシャドウの塗り方をすることで、大人ならではの垢抜け顔になれますよ!試してみてくださいね。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録