アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
NGとOKのアイメイク

定番だと思ってたそのメイク、実はもう古いかも!メイクのプロが絶対やらないNGアイメイク3選

/

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。今まで定番だったメイク方法も、トレンドの移り変わりによって王道ではなくなることが多々あります。特にアイメイクは時代がよく現れるので、定番と思ってずっと同じメイク方法を続けていると、気がついたときには古いメイクになっているかもしれません。そこで今回は、メイクのプロが絶対やらないNGアイメイク3選&解決テクニックをご紹介します。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
他のおすすめ記事を読む
垢抜け やめてよかった ヘアケア スキンケア before after Pyom イラスト
垢抜けるためにやめてよかったヘアケア&スキンケア4選

目次

1.王道ブラウンの横割りグラデーション

王道ブラウンの横割りグラデーションのNGとOK

ブラウンアイシャドウで横割りのグラデーションを作る方法は、王道で誰もが知っているメイク方法ですよね。

しかし横割りグラデーションの場合、まつげの根本から中間がブラウンカラーに埋もれてまつげの存在感が消えてしまうので、まつげを強調することがトレンドの昨今には合わないメイク方法です。

ブラウンカラーに限らずどんなカラーのアイシャドウでも、縦割りグラデーションを意識して塗ることで、まつげの存在感を際立たせて目を大きく見せることができます。

2.目頭から目尻までのアイライン

目頭から目尻までのアイラインのNGとOK

アイラインは目頭から目尻まで描くものと思っている方が多いと思いますが、目頭から目尻まで一定の太さでアイラインを描くと、なんだか古臭い印象に見えてしまいます。

またまつげの根本が埋もれるので、まつげが短く見えてしまいます。

アイラインは目尻にのみ描くと垢抜けた目元になるのでオススメです。

目尻だけのラインだと目元がぼやけてしまうので、まつげの間をインラインで埋めるようにしましょう。

ブラックはコントラストが強くなりすぎるので、ダークブラウンやグレージュカラーのアイライナーを選びましょう。

3.マスカラをたっぷり重ねづけ

マスカラをたっぷり重ねづけのNGとOK

まつげを太く長く見せるために、マスカラを何度も重ね付けしていませんか?

根元から毛先までたっぷりマスカラ液の付いたまつげは美しくありません。

根本から毛先に向かって細くなるように意識してマスカラを塗りましょう。

マスカラブラシだけでは難しい場合は、マスカラコームを使いましょう。

余分なマスカラ液が取れて、簡単に先細りのきれいなまつげに仕上げることができます。

使用アイテム

今回使用したアイテム

画像上から
・ラスティンファイン E 筆ペンリキッド ブラックブラウン/デジャヴュ
・ブラウンズ クリーミィペンシル BR303/ヴィセ
・ポッピングシルエットシャドウ RD-1/ケイト
・ウォンジョンヨ ヌードアイラッシュ J1/ウォンジョンヨ

デジャヴュ
デジャヴュ ラスティンファインE筆ペンリキッド3 ブラックブラウン アイライナー 1個 (x 1)
Visee(ヴィセ)
Visee(ヴィセ) リシェ ブラウンズ クリーミィペンシル アイライナー 無香料 BR303 グレージュブラウン 0.1グラム (x 1)

いかがでしたか?メイクのプロが絶対やらないNGアイメイク3選&解決テクニックをご紹介しました。

少しの違いですが、仕上がりに大きな差が生まれるので、アイメイクのアップデートをしていなかった方は、ぜひ取り入れてみてくださいね♡



この記事のライター

伊早坂美裕

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録