読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

将来が見えないのにライフプランは必要?

先行き不透明なこの時代、自分にライフプランは必要なのか?計画を立てても計画通りに人生が送れるものなのか。そんな不安を解消すべくmuccoさんご自身の経験をもとに綴る人気コラム。今回もケチケチ贅沢日記の著者であるmuccoさんにアドバイスいただきます!

このコラムにありがとう

目次

自分にライフプランは必要かどうか?

Q、
この先、なにがあるかわからないのに、ライフプランやマネープランは必要ですか?
(30代前半・既婚・出版)

A、
ご質問いただきありがとうございます。そうですね、もし質問者さんが
「世の中なにがあるかわからないから、自分はどうなってもいい。」
「人生出たとこ勝負、なるようになれ、いざとなったら煮るなり焼くなり好きにしてくれ!」
「宵越しの金は持たない」
そんな刹那主義でカッコいい無頼派でしたら、もちろんライフプラン・マネープランは必要ありません。

しかし、質問者さんご夫妻が今もこれからも一緒に楽しく暮らしたい、そして近い将来お子さんが欲しい、そういった場合はライフプランが必要になるでしょう。
なぜなら、これから何があるかわからなくても、質問者さんご夫妻は生活しなければなりません。
お子さんが生まれたら成長するのは確実なことだからです。
さらに、すべて自給自足でもしない限り、人が生活するには大なり小なりお金がかかります。
同じくこれも確実なことだからです。

暮らし方・生き方には正解はなく人それぞれ違っていて当然のこと

私の敬愛するファイナンシャルプランナー藤川太さんの名著「サラリーマンは二度破産する」にこうあります。

「将来何が起きるかは、誰にもわからない。
計画を立てたからといって、計画どおりの人生が送れるというものでもないだろう。
しかし先が見えない人生だからこそ、予測できることは予測し、前もって準備しておけば、あなたはそれだけ人生から自由になれるのではないだろうか」

ライフプランというと、才能に恵まれた人や意識の高い行動的な人が起業など一世一代の大ごとを成すためのもの、と考えている人も少なくありません。
しかし実は私たち普通の庶民にとってこそ必要です。

私たちは日々「ああだったらいいな」「こうだったらいいな」という小さな希望・願望を抱きながら暮らしを営んでいます。
ライフプランは、その希望・願望・夢を実現させるためには何が必要でどう行動すればいいのか計画を立てましょう、という概念です。
暮らし方=生き方には正解がありませんので、人それぞれ違っていて当然のこと。
裏をかえせば、「今さえ楽しければこの先どうなってもいい」と願っている人にとっては、それこそがライフプランなのです。

例えば、前回書いたように、私たち夫婦は通勤ラッシュや人付き合いが苦手、家にいてのんびり好きなことをして過ごす時間が好きなので、会社や組織に頼らなくても生活できるよう住宅ローンの繰り上げ返済に励み、生活できる程度の収入を得るシステムを作りました。

逆に、仕事が大好き、会社が大好きで、生涯現役を目指すのであれば、自分という資本を生かすためにさらなるスキルアップが常に必要ですし、ずっと働き続けるためには健康と時間の管理、信頼の維持には人一倍注意を払わなければならないでしょう。

今とこれからに必要なことは何か考え、行動する

どんなに先行き不透明な時代とはいえ、家族の夢や希望くらい持ってもいいじゃありませんか!
自分の望む暮らし方・生き方が見えてきたら、その実現に向けて「今とこれから」に必要なことは何か考え、行動してみましょう。
そうすると、今まで見てみないふりをしていた「お金」という現実と向き合うことになります。
これが「ライフプラン=マネープラン」と言われる理由です。

実際に社会生活を送っていると、自分の思い通りになることなど、ほんの一握りしかありません。
でもその一握りだけでも、自分で思うようにコントロールできたら、その人の毎日は豊かで充実したものになるでしょう。
入ってきたお金を、予測できる将来のためにどう使うか。

つまりマネープランは自分でコントロールできることの一つなのです。


執筆者:mucco

更新日:2017年6月23日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録