アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

初心者さんも失敗知らずでふわふわにできる♡ごはんがすすむ!簡単!甘辛つくね

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。おつまみだけじゃもったいない!失敗しないフワフワつくねを紹介します。はんぺんを使えば旨みもプラスされて、その上ふんわり柔らかに仕上がります。甘辛でご飯のおかずにぴったり。お弁当のおかずにも作り置きにも使える、とっても便利で簡単なつくねのレシピです。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約20~30分

甘辛フワフワつくねのレシピ

この記事では、油が少なくさっぱり食べられる鶏むね肉を使います。写真では、ひき肉になっていない、そのままの1枚肉を使いましたが、手軽な鶏ひき肉で十分です。鶏ひき肉を使う時は、作り方の手順4から始めて下さい。

材料(8個分)

A鶏むね肉…大1枚(320~330g)または鶏ひき肉
Aはんぺん…1枚(90~100g)
A生姜…1/2かけ
Aごま油…小さじ2
A酒…大さじ1
Aしょう油…小さじ1
A塩…少々
Aきび砂糖…少々
A青ネギ…2~3本
Bしょう油…大さじ2
Bみりん…大さじ1と1/2
Bきび砂糖…大さじ1
B酒…大さじ1
C卵黄…適宜

作り方

① 鶏むね肉を2~3cmの大きさに切り、フードプロセッサーにかける。ところどころ1cmほどの塊が残る位まで回す。

② はんぺんは適当な大きさにちぎり、生姜はみじん切りにして入れる。

③ ごま油、酒、しょう油、塩、きび砂糖も加えたら、再びフードプロセッサーを回す。(はんぺんが粒々に残っていても大丈夫です。)

④ 青ネギは5mmほどの小口切りにし、混ぜる。鶏ひき肉の場合は、材料Aすべてをビニール袋に入れ、上から握るように、はんぺんをつぶしながらよく混ぜる。(生姜はみじん切りにしてから加えます。)

⑤ 小判型に形を調え、8個作る。(手を水で濡らしながら作ると、表面がキレイになります。)

⑥ 熱したフライパンに油(分量外)を引き、⑤を入れたら、中火で1分半~2分ほど焼く。

⑦ こんがりしたら裏返して、1分~1分半ほど焼き、一旦取り出しておく。

⑧ 同じフライパンに材料Bを全て入れ、沸々させる。ヘラでかき混ぜた時に、底に線が残るくらいまで煮詰めてタレを作る。

⑨ ⑦を戻し、タレを絡めたら火を止める。

⑩ 皿に盛り、卵黄をお好みで添えたら出来上がり。

大きさや形状によって焼き時間が異なるので、様子を見ながら調節して下さい。

食べ方いろいろ

串に刺したつくねもイイですが、ご飯の上に青じそと一緒に乗せて、どんぶりもイイですね。ご飯が進みますよ。

タレを多めにかけ、わさびを乗せたら、出汁をかけてお茶漬け風もオススメです。

実は、パンもアリです!バターを塗ったパンに、水菜のサラダと一味を振ったマヨネーズ。即席の照り焼きサンドに早変わりです。

また、ご飯と一緒に海苔で巻けば、手巻きおにぎりとしても楽しめます。

はんぺんの美味しさを活かした、甘辛のフワフワつくねをぜひ作ってみて下さいね!

「#簡単レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録