読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

お酢と豆乳で美肌効果♪女性に嬉しいお酢のデザートゼリーレシピ

夏の暑さを忘れたいなら、ひんやりスイーツはいかがですか?清涼感を味わうのであればやっぱりゼリーが一番!その冷たさとつるんとした舌触りはむし暑さをちょっぴり忘れさせてくれることでしょう。今回は水玉模様で見た目もかわいい!フォトジェニックなヨーグルト風ゼリーのレシピをご紹介します。

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

フォトジェニックな水玉模様のゼリー

ちゅるんとした喉越しがたまらないゼリーは、食欲が落ちる暑い夏でも食べたくなるスイーツの代名詞。ぶどう酢を使って美容効果も抜群な上に、水玉模様がとびきりキュート!そんな、スイーツ女子には夢のような、ひんやりゼリーのレシピをご紹介します。

今回ご紹介するヨーグルト風ゼリーは、あっさりとまったり、両方のテイストを兼ね備えたスペシャルレシピです。フルーツたっぷりでビタミンも取れる上に、美容効果抜群の酢を隠し味に加えて、ヨーグルトを使うよりもヘルシーに仕上げました。

果実酢を効かせてひと工夫

最近よく見かける、ストレートで飲める「果実酢」を飲んだことはありますか? ぶどうやりんご、アセロラなどのフルーティーな果実酢は、そのままでも美味しいのですが、無糖のサイダーで割ればすっきりと、豆乳や牛乳で割ればヨーグルトのようにまったりとした味わいになります。

また、フレッシュなフルーツは、天然のサプリとして、アラサー女子としては積極的に取りたいところ。この時期はどうしても冷たいものを取り過ぎてしまい、身体の代謝も下がってむくみがちですよね。

そこで今回、ゼリーの具としてむくみを撃退するカリウムが豊富な、ぶどうを使用します。さらに美容の大敵である便秘防止に、アロエもたっぷりと入れて作りましょう。アロエよりナタデココのほうが入手しやすいので、ナタデココでもOKです。

ビューティーポイント

・ぶどうに含まれるカリウムは利尿作用がありむくみ防止に
・ぶどうの皮に含まれるアントシアニンやレスベラトロールはアンチエイジングに
・アロエは食物繊維が豊富で腸内環境を整える
・ブドウ酢などの果実酢は疲労回復に効果的
・ゼラチンに含まれるコラーゲンで美肌に

水玉模様のヨーグルトゼリーのレシピ

<材料>(4~5人分)

ぶどう(白・赤) 適量
アロエまたはナタデココ 適量
ぶどう酢またはワインビネガー(ストレートで飲めるものが良い) 200cc
調整豆乳 200cc
ゼラチン 5g

※今回のレシピではとろける舌ざわりにするために、ゼラチンに対する液体の量は多めです。プルプルとした食感がお好みの場合は、液体の総量を50ml程減らして調整をしてください。

<作り方>

1.ぶどうを房からはずし、よく水洗いする。
2.1をボウルに入れたあと、アロエと調製豆乳を入れる。
3.別容器にぶどう酢を注ぎ、人肌程度に電子レンジで加熱。ゼラチンを入れて、サラサラになるまで混ぜる。
4.2のボウルに3を注ぎ、全体をよく混ぜ合わせる。
5.4を容器に流し入れて冷蔵庫で2~3時間冷やす。固まったらできあがり。

美味しく作るためのポイント

・ぶどうは種無し、皮ごと食べられるものを選ぶこと。
・容器に流し入れるときは、ぶどうを容器の外側に見えるように調整すると、固まったときキュートな見栄えに。ぶどうは入れすぎず、液体にすべて浸るくらいの量入れれば見た目もきれいに。

ごろごろ果実をたっぷりすくってどうぞ

ぶどう酢は、りんご酢やアセロラ酢などでも代用可能。そのときはフルーツもベリー系に統一したり、あえて柑橘類も入れたりと、組み合わせを楽しんでくださいね。

夏らしい水玉模様のゼリー。ぶどう酢のキリッとフルーティーな風味を、調製豆乳がまろやかに包みこみます。つるっとなめらかに食べられて満足感も言うことなし。簡単にできるので夏のデザートにいかがですか?


執筆者:家事部

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年8月22日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録