アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

サックサクが美味しい!簡単なのに凝ってる風!フライパンでできるミラノ風ポークカツレツ

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。叩いてのばしたとんかつ用の豚肉に、チーズとパセリを混ぜたパン粉をまぶして揚げ焼きにしたカツレツのご紹介です。細かいパン粉は余分な油を吸わないのでさっぱりヘルシー。サクサクが嬉しい、豚肉を使ったミラノ風カツレツの作り方を、2種のソースと一緒にご紹介します。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 各20~25分

フライパンでサクサクのミラノ風カツレツのレシピ

材料(2人分)

・とんかつ用豚ロース肉…2枚
・卵…1個
・粉チーズ…大さじ3~4
・細目パン粉…大さじ6
・小麦粉…適量
・ドライパセリ…小さじ1
・塩こしょう…適量
・カットレモン…適量
・葉野菜など…適量

作り方

① まな板の上にクッキングシート(またはオーブンシート)を敷き、豚肉を置いたら、その上から大きめにカットしたラップをかける。(上下ともラップでも大丈夫ですが、豚肉に密着して滑りにくいので、伸ばすのに時間かかります。上下ともまたはどちらかを滑りやすいクッキングシートを使うのがおすすめです。)

② 綿棒で叩き、1.5倍から2倍ほどになるように薄くのばしていく。両面にやや強めの塩こしょうを振る。

③ 容器に卵を割り入れて、よく溶く。もうひとつの容器には、パン粉、粉チーズ、ドライパセリを入れ和えておく。

④ ②の豚肉の両面に茶こしを使って、まんべんなく小麦を振りかける。

⑤ ③の溶き卵にくぐらせ、パン粉の衣をまとわせる。(上から軽く押さえて、衣を密着させます。)

⑥ フライパンに油を豚肉が半分くらい浸かるくらいの量を入れ、片面3~4分ずつまたはこんがりして火が通るまで、中弱火で揚げ焼きにする。

⑦ 皿に盛り、カットレモンと葉野菜を添えたら、出来上がり。

豚肉は、叩いているので繊維が壊れて、火を通しても固くなりにくいので、食べやすいですよ。

カツレツにおすすめ2種のソースレシピ

そのまま食べられるように、少し強めに塩こしょうを振っていますが、さっぱりと食べたい時用のトマトのソースと、やっぱりご飯で食べたい!と言う時のソースを紹介します。

さっぱりトマトソース

材料(2人分)

・トマト…1個
・バジルの葉…4~5枚
・オリーブオイル…少し
・塩こしょう…お好みで

作り方

① トマトは1cmほどの角切りに、バジルは細かく刻む。

② ボウルに①とオリーブオイル、塩こしょうを入れて混ぜたら出来上がり。

ご飯に合う甘口ソース

材料(2人分)

・中濃ソース…大さじ3
・みりん…大さじ2.5
・粒マスタード…小さじ2

作り方

① 全ての材料を混ぜ合わせたら、出来上がり。

中世ミラノはとても栄えた大都市で、黄金色をしたカツレツは、華やかなミラノを連想させるということで、ミラノっぽい感じという意味のミラノ風と呼ばれるようになったそうですよ。

叩いて伸ばした、サクサクのミラノ風ポークカツレツをぜひ、作ってみて下さいね!

「#豚肉レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録