アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

そのブラウンメイクダサ見えしてるかも?こなれ顔になれちゃう今っぽブラウンメイクのコツ♡

昔からメイクの定番と言えば、茶色のアイシャドウを使った”ブラウンメイク”。ブラウンメイクといっても今は質感や色味が様々あるので、今回は定番だけれど古臭くてダサく見えないようなコツとポイントをご紹介します♪普段から使えてお洒落顔になれる「イマドキブラウンメイク」をマスターしましょう!

目次

ただのくすみはNG!マットブラウンには気をつけて

ダサく見えないブラウンの選び方は、質感に注意することです。

アイシャドウをマットなブラウンにすると目元になじんでしまって、ただのくすみメイクに見えかねません。

例えば、他のパーツでラメやパールなど質感を変えることも方法の一つ。

しかし目元の印象は全体の印象にも関わってくるほど大事なので、できるだけアイメイクをメインに考えましょう!

今回のポイントとなる質感ですが、イマドキメイクで重要なのは”透け感”。ブラウンでも発色が自然で、ラメが大きめのものやパールなど輝きがあるものをチョイスしてみて♡

次に色味も重要なんです!黄色がかった茶色よりも今は赤茶系の方がトレンド感が出ます。また、黄色がかった茶色は赤茶よりくすみやすくも見えるので注意が必要です。

ベースはベージュで仕込んで

自然なグラデーションになるよう、ブラウンアイシャドウを使う前にベースを仕込みます。

色はブラウンと相性のいいベージュ系を選んで。

アイベース代わりとしても使える、クリームタイプでパールの入ったものがなじみやすくておすすめです。

おすすめアイテム

キャンメイク ウインクグロウアイズ/04レディゴールド
DAZZSHOP スパークリングジェム/04GOLD BULLION

クリームタイプはその後に使うアイシャドウの発色を良くしてくれるんです。ヨレにくいものを使うとより綺麗に仕上がりますよ♪

今回はキャンメイクのクリームシャドウを使います。

指でアイホールまたはまぶた全体と下まぶたに広げてベースを作ります。

ヨレやくずれの原因になるので付けすぎには気をつけましょう。

ブラウンのアイシャドウはパレットタイプを

ブラウンのアイシャドウは質感や色味がたくさん入っているパレットタイプを使います。

パレットに入っている色であればどれを組み合わせても統一感が出るので使いやすいですよ!

今回使用するのは韓国コスメで人気な3CEのアイシャドウパレット。

3CE ムードレシピマルチアイカラーパレット OVERTAKE

ピンクや赤みがかったブラウン系のアイカラーが詰まったパレット。

質感もマットから大きめラメものまで入っているので、何通りもの組み合わせができるアイシャドウ。

この中からラメやパールのブラウン系カラーを3色使っていきます。

How To

①まず左下の大粒ラメが入ったブラウンをブラシか指にとって、目尻から目頭にかけて濃淡をつけながら伸ばしていきます。

範囲は二重幅から少しはみ出るくらいまで。下目尻にも軽く乗せます。

②次に真ん中の赤茶色を細めのブラシに取って、黒目の下から目尻につなげるように乗せます。

③最後にアイライナーブラシで右真ん中の締め色を取って、目のキワ3分の1から目尻までぼかしながら流します。

少し長めに伸ばすと、デカ目効果もUPしますよ♡

アイラインはあえてまぶたに引かず、目力を出したいならインラインのみなどでOK。

抜け感があって自然な今風のメイクになります。色は黒よりもブラウン系に統一するのがおすすめ。

チークは薄めのカラーでバランスを取ろう

目元にブラウンを多く使っているので、組み合わせるチークは発色が自然のものにしましょう!

肌なじみのいいコーラル系だと大人っぽく、青み寄りのピンクなら可愛らしさが出ますよ。仕上がりの好みで選んでみてもいいかも♪

また質感は目元にラメ系を使っている分、チークはマットタイプの方がバランスが取れます。

全体的に顔がキラキラしすぎて見えることがないので、落ち着いたナチュラルメイクに♡

仕上げはシアーな赤系リップで

仕上げのリップは赤系にすることで、どんなブラウンアイシャドウやチークの色味を使っても相性ぴったり。

ただし、こちらも発色の強いものはNGです。なるべくツヤのあるシアーな赤を使えば派手に見えません。しっかり塗っても薄づきで、ラフに見えるアイテムをチョイスしましょう。

また今のような寒い時期には、深めの色にするだけで一気に秋冬っぽい印象が作れますよ!

キャンメイク メルティルミナスルージュ/05ストロベリーモカ

こちらはしっかりツヤがあり、透明感のある赤リップ。普段使いしやすい発色なんです♪

少し深めの赤なのでこの時期特に使いたいですね!

ブラウンの選び方は色味も質感も大切

今回はラメの入った自然な発色のアイシャドウを使ってブラウンメイクをしてみました。

透明感を出しつつも、塗る範囲を広げて深みのある目元にすることがイマドキブラウンメイクのコツ。

塗りつけたようなメイクだと古臭いダサ顔になってしまうので、どのパーツも濃いめの色を使わないことを意識しましょう!

明日からの定番メイクとしてぜひ取り入れてみてくださいね。

「#ブラウンメイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

大野花菜

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録