アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

今年のおすすめは「発酵鍋」!簡単&おいしい♪人気のチーズ豆乳鍋レシピ

料理研究家・野菜ソムリエのsachiです。毎年冬になるとミルフィーユ鍋・トマト鍋・カレー鍋・しびれ鍋などなど、毎年トレンドの鍋が登場しますが、今年のトレンド鍋は発酵鍋がキテますね!今回は、簡単に作れる発酵鍋をご紹介します♪

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 15分

今冬のトレンド「発酵鍋」

微生物の作用で食材を発酵させて作られた食品のヨーグルトやチーズ、納豆、キムチ、ぬか漬け、麹、味噌、みりん、醸造酢などを発酵食品と言います。これらの発酵食品は、元の食材よりうまみが増したり、保存性が高まったり、体にいい効果があったりといいことづくめ。

今冬はこの発酵食品を取り入れた鍋が流行中です。

作り方はとっても簡単!普段作っている鍋に発酵食品を取り入れるだけ。旨味がUPするだけでなく、腸内環境が整ったり、美肌効果があったり、風邪予防も期待出来ちゃいます。

チーズ豆乳鍋のレシピ

今回ご紹介する発酵鍋は、発酵食品のカマンベールチーズと味噌を取り入れた、とろぉ〜りとろけるチーズと、味噌と豆乳のコクがとっても美味しい鍋です。

鶏ガラベースのお出汁で具材を煮込み、仕上げにカマンベールチーズと豆乳味噌を加えるだけで、発酵鍋の完成です!

材料(2人分)

鶏もも肉 1枚
カマンベールチーズ 1個
白菜 2枚
エリンギ 1本
白ねぎ 1本
花型人参 2個
木綿豆腐 1/2丁
小ねぎの小口切り(お好みで) 1本分
鶏がらスープ 1cup(200ml)
豆乳 150ml
味噌 50g

※鶏がらスープは、水1cupに中華練りだしまたは、中華顆粒だしを小さじ2杯加えてもOKです。

作り方

① 鶏がらスープを鍋に入れて加熱します。

② ①の鍋にカマンベールチーズ以外の具材を入れ、フタをして鶏もも肉に火が通るまで10分ほど煮込みます。

③ 具材に火が通ったら、6等分にカットしたカマンベールチーズを真ん中に入れて、豆乳と味噌を溶いたものを回しかけて、ひと煮立ちさせます。

お好みですが、仕上げに小ねぎを振ったら、彩りも良く仕上がります!

とろぉ〜りとろけるカマンベールチーズに、具材を絡めて食べてお召し上がり下さい♪

鍋を食べ終わった後のしめは、ご飯を加えてチーズリゾット風にするのがオススメです。旨味が溶け込んだお出汁で作るリゾットは、こちらもまた絶品なので、ぜひしめまで味わって下さいね!

お手軽なものでは、キムチ鍋やスンドゥブ、甘酒や発酵バターを加えた鍋も発酵鍋になりますね!色んな組み合わせを試して、自分のオリジナル発酵鍋を作っても楽しそう♪

今年の冬は、今トレンドの発酵鍋で腸内環境を整えて、元気にお過ごし下さいね!

「#鍋レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

sachi

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録