アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

その眉不自然に見えてます!形も色も自眉に近いのがトレンド♡今っぽネオまゆ毛の作り方

顔の印象を大きく左右する眉。眉サロンもきになるけど、毎日のことだから、なるべく自分で眉をコントロールしたいという方が多いのではないでしょうか?今回は自眉に見えるけど美眉!生まれつき眉が整った人に見えるネオ自眉の作り方をご紹介します。

目次

ネオ自眉を作る3ステップ

アイブロウメイクは様々なやり方・アイテムがありますが、私がおすすめしたいもっとも失敗が少ない描き方はこれ。

アイテムは「スクリューブラシ」「パウダーアイブロウ」「アイブロウペンシル」。

髪の色や眉毛の濃さによっては、アイブロウマスカラをプラスするのもおすすめです。「ブラッシング」→「パウダー」→「ペンシル」の順番が重要です。

ブラッシングすることで本来の眉の形をガイドラインにできるし、パウダーで間を埋めていくことで自眉の形がしっかりと浮き上がってきます。

ここまでの工程でどこにどう描いていけばいいのかが明確に見えてくるので、ペンシルで最終仕上げしていきます。

最後にもう一度、スクリューブラシで全体をぼかして完成です!

【注意1】「ナチュラル」=「手入れしない」ではありません!

ボサ眉ブームなんてのもありましたが、今は「生まれつき整っているように見える美眉」がブーム。

手入れしすぎても自然じゃないし、手入れしなさすぎはズボラに見えてしまうし清潔感も無くなってしまいます。

じゃあどうやって手入れすればいいの?というところなのですが、一番手っ取り早いのは眉カットです。

ブラシやコームで毛流れの向きに流したら、はみ出ている部分の毛をカットするだけ。

剃ったりするよりも自然ですし、全く手入れしていない眉とは大きく印象も変わります。

【注意2】眉の筋肉をしっかり観察する

眉の形を左右するのは、毛の生え方だけではありません。

顔の骨格や表情筋も大きく影響していて、ただ眉をキレイに描くだけでは左右対称になりません。

私の眉で説明すると、写真右側の方が眉上の筋肉が発達しており、眉の上がり方が急です。

また、眉山の上の筋肉が若干ですが盛り上がっているため、膨らみのせいで眉山が下に下がっているように見えます。

眉の上がり方の角度を抑えるために描き足し、盛り上がっている部分や上がり過ぎている眉上はコンシーラーで消してしまいます。

角度のついている眉はつい眉上をカミソリで剃ってしまいがちですが、表情筋が原因の場合は眉をどれだけ剃っても角度は改善されず不自然な眉になってしまいます。

そんなとき筋肉をコンシーラーで隠すのがちょっとした裏技です。

また、上げたい部分はペンシルのストロークを上向きに、下げたい部分は下向きに描くことで、角度が改善されていきます。

【注意3】肌色に合った色選び

ご本人のパーソナルカラーやヘアカラーに合わせてアイブロウの色選びをすると、よりナチュラルな美眉に近づきます。

ヘアカラーに合わせるときは、髪色よりもワントーン明るい色を選ぶのがおすすめです。

自分では分からないという場合は美容師さんに相談したり、自眉の色をしっかり観察してみたりして、ぴったりのアイブロウアイテムを見つけてみてくださいね!

「#アイブロウ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録