アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

台湾で人気のあの丼が超時短で再現できる!鶏から揚げで簡単ルーロー飯レシピ

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。ここ数年、注目度の高い台湾料理!日本人にもなじみやすい醤油ベースの味付けや、薬膳のような香りがするものまで、多種多様。今回はそんな台湾料理の中でも人気のルーロー飯を、から揚げを使ってアレンジします!

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 20~25分

ルーロー飯(魯肉飯)とは

小さく切った豚バラ肉を、スパイスの効いた甘めの醤油ダレでじっくり柔らかくなるまで煮込み、ご飯に汁ごとかけた台湾の家庭料理です。茹で卵が定番の付け合わせで、多くの屋台でも食べることができて、お店ごとに味付けやお肉の大きさに個性があるので、それぞれ楽しめます。

今回は、簡単なから揚げを作って、タレで煮絡めたレシピをご紹介します。

鶏から揚げでルーロー飯のレシピ

材料(2人分)

鶏から揚げ
A鶏もも肉…200g(小1枚)
Aにんにく…1かけ
Aしょうが…1かけ
A砂糖…小さじ1/2
A塩…少々
Aホワイトペッパー…少々
A五香粉…小さじ1/8~1/4
Aオイスターソース…小さじ2~3
A酒…大さじ1
・片栗粉…大さじ2
・揚げ油…適量

タレ
・水…150~180ml
・砂糖…大さじ1
・しょう油…大さじ2
・酢…大さじ1
・酒…大さじ2
・スターアニス(八角)…ひとかけ

その他
・チンゲン菜…1株
・茹で卵…好みの数を準備
・ご飯…2膳分

準備

チンゲン菜は、縦4等分に切っておく。

鶏もも肉は、2~3cmの大きさに切り分ける。(通常のから揚げの1/3から1/4くらいの大きさが、食べやすいと思います。)

作り方

① ボウルに切った鶏もも肉を入れたら、材料Aをすべて入れ、混ぜながら揉みこむ。そのまま5~10分ほど置く。(オイスターソースは、メーカーによって味の濃さが違いますので、調節して下さい。)

ここでポイントです。
今回は、シナモンやクローブ、花椒などが入ったミックススパイスの五香粉とホールのスターアニス(八角)の2種類のスパイスを使います。

使うことで、グッと本場の味に近くなり、風味も増しますが、両方とも香りの強い種類なので、少量だけ使います。たくさん入れてしまうと、雑味に変わってしまったり、素材の味を損ねてしまい、また苦みも出てしまう場合もあるので、入れ過ぎには注意です。

② フライパンに6~7mmの深さになるよう油を入れたら、160~170度に熱する。

③ ①に片栗粉を加えて、混ぜたら、片面2分ほど、またはこんがりするまで揚げ焼きにする。裏返して更に1分ほど火を入れたら取り出す。

④ チンゲン菜も素揚げにしたら、一旦取り出す。

⑤ フライパンの油を捨て、タレの材料の全てを入れたら2分ほど煮立たせる。(スターアニスは、星の形をそのままひとつではなく、ひとかけまたは2かけくらいを割って入れて下さい。)

⑥ ③と④、茹で卵を加えて、タレを絡めながら、ひと煮立ちさせて火を止める。

⑦ 器にご飯を盛り、⑥をタレごと乗せたら出来上がり。

甘辛でスパイスの効いた鶏から揚げとタレは、ついご飯をお代わりしたくなりますよ。ぜひ、お家でもアレンジ台湾料理の、鶏から揚げのルーロー飯を作ってみて下さいね!

「#アレンジレシピ」の記事をもっと見る


関連記事


/

この記事の著者

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録