読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ハワイ発パンケーキのおすすめ★フォーティーナイナー

スイーツ好き女子には、定番のパンケーキ。有名店の行列に並んででも食べる女性も多いハズ。そんな行列のできるお店の中には、ハワイから進出してきているお店も多数あります。今回紹介する「フォーティーナイナー」が、まさにそれ。 しかも、ハワイと変わらない味が楽しめるというのが人気の理由。スイーツ好きの女子は必見です!

このコラムにありがとう

目次

この記事に出てくるメニューの金額

  • フォーティーナイナーパンケーキ 1,280円(税抜)

※2017年3月時点

個性的なパンケーキ

パンケーキ、ホットケーキ、スフレ、そのすべてに共通する点と言えば「女性が大好きなスイーツ」ですよね。もちろんグルメ担当記者の私も、パンケーキは大好物。三度の飯よりパンケーキ! まさにそんな女子もたくさんいる事でしょう。

オーソドックスなパンケーキも美味しいものですが、たまにはユニークで個性的なパンケーキも食べてみたくなるもの。

そんな女性のため、記者が実際に「個性的なパンケーキ」を探しまくって見つけてきました。とっても個性的で純白な「フォーティーナイナー」の「フォーティーナイナーパンケーキ」です。

オアフ島で愛されるパンケーキ店

日本にいながら、世界各国の料理を食べられるようになった今日このごろ。各国で人気のお店が日本に続々と上陸していて、その国の味を身近に感じられるようになりました。外資系のパンケーキ専門店も増えていますよね。ハワイ、オアフ島発のパンケーキ店「フォーティーナイナー」もそのひとつ。グルメサイト「yelp」では、パンケーキ店として最高評価の4.2ポイントを獲得している、オアフ島で愛されているお店です。

ハワイの味が日本で体験できる! それだけでも心が躍りませんか? あっ、踊るならもちろんフラダンス(笑)。

つまらない冗談はさておき、「フォーティーナイナー」が日本にやって来たのは、2015年2月のこと。六本木に第1号店をオープンさせて以来、ハワイと変わらない味を気軽に楽しめるとあって、着実にファンを増やしています。

伝統のレシピを日本で堪能

本場のハワイアンフードがさまざまに揃うなか、名物は店名を冠した「フォーティーナイナーパンケーキ」。真っ白なソースが、お皿から溢れんばかりにたっぷりとかかったビジュアルに、乙女心を鷲掴みにされてしまいます。

このソースは、1947年の創業時から伝わる秘伝の「ハウピアソース」だそうです。ハウアピというのは、ハワイ語で「ココナッツ」の意味。また、本物のハワイのパンケーキに欠かせないというバターミルクがミックス粉に使われているのも特徴です。

ココナッツの甘い香りがたまらない

生地は、ナイフを入れるとスーッと切れてしまうほどふわふわ。「ハウピアソース」に閉じ込められていた湯気が、ココナッツの甘い香りとともに立ち上って、食べる前からおいしそう。

とても甘いことを予想しつつ食べたのですが、ほんのり塩味が効いていました。厚めの生地にはバナナが入っており、「ハウピアソース」の上にトッピングされたマカデミアナッツが食感のアクセントになっています。

まったりと濃厚な「ハウピアソース」と、バナナ入りのパンケーキ、そしてマカデミアナッツの相性はもちろんバッチリ。ボリュームたっぷりの存在感のあるサイズだけれど、いつの間にかペロリとたいらげてしまいました。

レシピだけでなく、そして味だけでなく、サイズもしっかりハワイアン!

それにしても、ハワイのインテリアに囲まれて、ハワイのヒーリングミュージックなどをBGMに、ハワイで人気のパンケーキを食べていると、日本にいるのを忘れてしまいそうになります。

パンケーキなどのスイーツのほか、ロコモコやハンバーガーなどのフードメニューも多彩に用意されています。せっかくなのでいろいろと食べたいという場合は、お友だちを誘って2人以上で足を運んだ方がベターです。

店名: フォーティーナイナー
住所: 東京都港区六本木7‐5‐11 カサグランデミワビル 1F
営業時間: 月~金曜日11:00~21:00(土・日曜、祝日は10:00~)
定休日: 火曜日

・記者プロフィール
日本のみならず、全世界の「おいしいもの」を求めて食べ歩くグルメ担当記者。実際にお店に出向いて食べ、撮影した料理しか記事にしないのがポリシー。美味しかった料理、興味深かった料理、心に残った料理しか記事にしないため、記者としてコスパがとことん悪いのが難点。


執筆者:グルメ部

更新日:2017年3月3日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録